« 会計の本のとびら絵4/複式簿記 | トップページ | 会計の本のとびら絵5/今回はダメだったよ♪ »

時間どろぼうと「簿記」という出入口

 現在の単発の仕事は、10年ほど前に派遣で働いていた企業が入っているビルと、まったく同じビルでの仕事です。

 10年前、私はそのビルの高層階にある外資系企業で、時給1650円で働いていました。残業が多くひと月あたり税込みで40万円ほど稼ぐこともありました。

 それに対して今度の仕事は低層階で、時給900円のお仕事です。10年前と同じ時間分働いても、稼げるお金は6割程度でしょう。

 同じビルで働いているのに、状況がものすごく違います。時代も約10年、違っているのですが。

 はじめての午後から夜の勤務でした。
 夜型の私は、はじめのうちは「これも悪くない」と思っていましたが、そのうちに睡眠のリズムが崩れてしまいました。昼間でも身体が眠ってしまい、動けません。

 ある日「少しつらい…」と思いながら、子どもの頃のことを思い出していました。

 父はブルーカラー・ワーカーで、シフト勤務でした。朝、夜、深夜、朝昼とおしという、いくつかの勤務時間があり、お給料は良いのですが、睡眠のリズムが崩れてしまうので、休日もあまり体調が良くないようでした。勤務がきついと慢性的な頭痛に悩まされます。

 それは、まだ子どもだった私が、そのまま自分の目で見た資本主義社会の一場面でした。

 「世の中って、あんなにたくさん働かないと生きていかれないのだ」と、子ども心にも思いながら、疲れている父の表情を見ていました。

それが「エンデの遺言」を追うようになった私の原点です。

 世の中は、高層ビルに似ています。

 高層階に住む人たちは、華やかで、安全で、豊かなフロアしか知らないし、低層階に住む人たちは、世の中に失業があることや、どれほど働いても豊かになれないことを、普通のこととして見ています。

 低層階では本当に、ミヒャエル・エンデが表現した「時間どろぼう」が存在していて、この階層では「食べていくだけ」で一生を終わってしまう人」もいます。

賃金が安いので、ただ生きていくだけの収入を得るのに、たくさんの時間を使ってしまうのです。

 低層階では、賃金が安い仕事か、あるいは失業という選択肢しかありません。

そして低層階の仕事は賃金が安いだけでなく、きつかったり、あるいはとても忙しいのです。誰もがノルマに追われ、あまりにものすごいスピードで仕事をこなすので、仕事に愛情を込める余裕がありません。きっと時間どろぼうのしわざです。

 低層階の人たちは決して能力が低いわけでもないのに、どうしてかそうなってしまうのです。

 ケインズは低層階を見に来てくれました。

ケインズは高層階と低層階と地下も見て、高層階で眠っていたお金を、低層階に呼ぼうとしてくれたと思います。低層階にお金が流れ込めば、社会の血液は回り出し、失業者は再び雇用を得て、少なくとも生きていかれます。

 私が「エンデの遺言」を追いたいのは、低層階で働く人たちのぬすまれている時間を取り戻したいからです。そうすれば低層階に、穏やかな時間の流れが戻ってきて、誰もが自分の仕事を愛し、本当に心をこめた仕事ができるようになるからです。

 「エンデの遺言」は、私が知った時にはもうすでに、経済学者や経済評論家が注目していました。地域通貨、ゲゼル・マネーなど、私もいずれはその人たちの理解を追うのだと思っていました。

 ところが意外なことに、私はいつのまにかそうした流れから離れてたった一人、「簿記」という不思議な出入口の前に立っています。

 企業が利益を出して、株主配当を生み出そうとする時、労働者の賃金は抑えられ、さらには労働に従事する人数が減らされます。そうすると労働者は同じ量の仕事を、少ない人数でやり遂げなくてはいけなくなり、仕事の高速化が求められ、さらには株価を高くするために、もっと効率化が望まれる…。

 簿記は、語ります。

 エンデが語った時間どろぼうの出入口は、簿記の世界の中にあるのではないでしょうか?

 私は、ぬすまれた時間を取り戻したいのです。

|

« 会計の本のとびら絵4/複式簿記 | トップページ | 会計の本のとびら絵5/今回はダメだったよ♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/48168393

この記事へのトラックバック一覧です: 時間どろぼうと「簿記」という出入口:

« 会計の本のとびら絵4/複式簿記 | トップページ | 会計の本のとびら絵5/今回はダメだったよ♪ »