« 現実が先?、簿記が先? | トップページ | 「プリティ・ウーマン」のヴィヴィアン♪は経済のことがわかっている?! »

「ゲゲゲの女房」を見ています♪(2)

 今朝も「ゲゲゲの女房」を見ていました。そうしたらまた「貧乏」をキーワードに、おもしろい台詞がありました。

 フミエさんの夫のシゲルさんは、ものすごく一生懸命マンガを書いて、働いているのに、どうしても貧乏です。そこにフミエさんのお父さんが、いなかから様子を見にきてしまいます。お父さんが見ている時だけでもちょっと、仕事がうまくいっているように見せようとしたのですが、ところがその見せかけがバレてしまいました。

 そこで怒った時の、お父さんの台詞です。

 「一生懸命働いていても、それでも貧乏だというなら、どうどうと貧乏しとったらええんだ!」。

 う~ん、この台詞も気に入りました。さっぱりしているところが、とてもイイ!

 どうせふりをしたって、しなくたって、お金は数字なのだから、ない時はないんです。労働の報酬が少ない社会では、どれほど働いたって、稼いだお金が生活費に足りなくなって、貧乏になってしまいます。

 世の中はそういう仕組みだと思います。だから貧乏は、どうどうとやりましょう♪(^O^/

|

« 現実が先?、簿記が先? | トップページ | 「プリティ・ウーマン」のヴィヴィアン♪は経済のことがわかっている?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/48416547

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」を見ています♪(2):

« 現実が先?、簿記が先? | トップページ | 「プリティ・ウーマン」のヴィヴィアン♪は経済のことがわかっている?! »