« もしも冷たい土の上に | トップページ | 本 : 「12歳からはじめる賢い大人になるためのビジネス・レッスン 『会計』ってなに?」(友岡 賛著) »

「ゲゲゲの女房」を見ています♪

 このところずっとNHKの「ゲゲゲの女房」を見ています。漫画家の水木しげるさんの奥さんのフミエさんのお話です。時代はどうやら私が生まれるほんの少し前ぐらい、東京、調布でのお話です。

 フミエさんが結婚した当初、漫画家の水木しげるさんの家にはあんまりお金がありませんでした。あんまりお金がないので、先週頃の放送では、奥さんのフミエさんが庭の木の葉っぱを家計簿のしおり代わりに使って、お金のやりくりを考えながら「この葉っぱがお金に変わればなぁ…」とぼやいていました。

 現在の私もまったくおんなじ気持ちです!

失業生活が長引いているので、だんだん貯金の残高が減ってしまいました。天ぷら用に切ったサツマイモの1枚を見つめては、「このサツマイモがお金に変わればなぁ…♪」などと言っています。

フミエさんがやりくりに困っていた頃は、庶民はどこのお家にもあんまりお金がない時代でした。お金がないので誰かに借りようと思っても、訪ねていったその家もまたお金がないので、貸してあげたくても、貸してあげられないという時代でした。

現在の私もかなり近いものがあります!

私のまわりでは元派遣だったお友達が2人ほど失業しています。どちらかが相手に貸してあげたいと思っても、お互いにゆとりがなくてどうにもできません。

 ドラマの時代から50年近くたっているのですが、どうしてか私のまわりには同じ状況が再現されています!(いったい、なんで???!)

 そんな折、今朝の放送の一場面です。

 水木しげるさんはものすごく一所懸命マンガを書いて、働いているのですが、どうしてかお家は貧乏なのです。その状況をフミエさんが、ご近所の貸本屋さんのおばあちゃんに話していました。するとそのおばあちゃんが言いました。

 「(そんなに一所懸命働いているのに貧乏だということは、)貧乏なのは、あんたらのせいじゃない! 世の中が悪いんだ!」。

 シンプルな言葉ですが、この言葉を聞いた途端スッキリしました。本当にそうだと思います。

 「私が悪いのかも知れない」などと思っていたら、気分がくさくさしてしまいます。

 というわけで、本日も青空の下のお散歩がてら、私は元気良くハローワークまでお出かけ♪です。なんだか日本は50年前の時代と、たいして変わっていないような気がします。

 相変わらず失業者とワーキング・プアが存在しています。

|

« もしも冷たい土の上に | トップページ | 本 : 「12歳からはじめる賢い大人になるためのビジネス・レッスン 『会計』ってなに?」(友岡 賛著) »

コメント

あら…!
その元派遣失業者二人うちの一人は私のことかしら(笑)

今、私が受講している委託訓練の受講生の中にも、派遣や請負で仕事をしていた方が多いです。

みんな、若くて優秀でイケメンなのに…

投稿: *kei* | 2010年5月19日 (水) 06時06分

あ、ご本人の1人が登場~♪(笑)

そう。お互いにお金がないと、貸してあげたくても貸してあげられないし…。だからもう風邪ひかないで下さいね。

今、失業している人たちも仕事があった時はあんなにたくさん働いていたのに、それなのにいきなり仕事がなくなるなんて、どう考えても「♪世の中が悪い!」と、私はさっぱり割り切ることにしました。

怒りに走るつもりはぜんぜんないけれど、「仕事がないのは、私が人よりも能力が低いのかしら?」などと考えてしまうと、今度は動けなくなってしまうので。

求職活動も「悪いのは世の中、私じゃありませんっ!」みたいな感じで、堂々と行こうかな~と。最近の私はちょっとふてぶてしいでしょうか?(笑)

>みんな、若くて優秀でイケメンなのに…

↑私は「若くて」にはこだわらないけれど(笑)、これって本当に地球の資源の無駄使いですよネ。経済学、お金ばっかり数えていないて、もっと世の中の貴重な資源をちゃんと活用してくれなくちゃ!、と思います♪

投稿: みほれみ | 2010年5月19日 (水) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/48390433

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの女房」を見ています♪:

« もしも冷たい土の上に | トップページ | 本 : 「12歳からはじめる賢い大人になるためのビジネス・レッスン 『会計』ってなに?」(友岡 賛著) »