« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年5月

雨の森

 週末は、大学のスクーリングに行きました。

 お天気はひどい雨でした。でも私は、空が晴れていると遊びに行きたくなってしまう性分なので、お勉強をするにはちょうど良いぐらいの雨でした。

 はじめて文学系の講義を受講しました。とてつもなく遠回りをしているように見えるかも知れませんが、「エンデの遺言」を、自分の中からアウト・プットする力をつけるためです。

 「エンデの遺言」を追いかけ始めた時、私は謎解きが終わっても、その結果を頭の良い人たちに説明する気は、全くありませんでした。かつての私のように「株式会社って何だろう?」と考えながら、社会のすそ野で働く人に、伝わる説明ができれば十分なはずでした。

 でも今は私も、少しでもいいから「教養」というものを身につけて、しっかりとした文章を書けるようになりたいと、思うようになりました。

 学問という芯が入っていないと、骨のある文章が書けないのではないか?と思うようになったのです。そしてまた、実際に「エンデの遺言」を具体的に説明しようとすると、あまりにも扱う物事の規模が大きくて、どうしても一部は学問による言葉というものが、必要だということもわかりました。

 大学の、薄暗い階段の踊り場で、スクーリングに来るたびに見上げる大きなスギの木を、雨の降る窓から見ていました。そうやって静かにしていると、うっそうとした森の中にいるようでした。

 私にたとえば、あと25年ぐらいの時間があるとして、その中でおそらく本当に何かを力いっぱいできるのは、あと15年ぐらいかも知れないと考えて、それまでの時間の中で、私はどれだけ先に進めるだろうか?と思います。

 今はただ、目の前にある「小さな、できること」を積み重ねていこうと思います。

 いつかは雨が上がる時も来るし、目の前をさっと通り過ぎようとする、「チャンスのしっぽ」をしっかりと捕まえられる時だってあるかも知れません。

 雨の森の中にいるけれど、それほど心細くはありません。

11011_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安くてトクはしたのですが…

 ひとつ前の記事の続きになってしまいました。

 言い訳を書くと、昨日は職場ですごく長い会議があって、とても疲れていたのです。だからとにかく早く癒されて、和みたかったのです。

 仕事の帰りに、先日行った「リサとガスパール」のお菓子があったお店に寄ったら、今度は違うタイプの「リサとガスパール」のチョコレートがかごの中にたくさんありました。

 気がついたら夢中になって、かごの中からあれこれチョコレートを手に取り、全部の種類のチョコレートを選び出してはレジに並び、お金を払ってお店を出ていました。1つのチョコレートの両面に可愛い絵がついているので、合計6種類のお楽しみ素材が手に入り、金額は全部で237円です。前回と同じで、とてもお買い得!です。

 それなのに帰り道、ちょっと元気なく、うつむきがちな気分で家まで帰りました。

 トクはしたのですが、「さっきの、自分のあの行動は、大人としてちょっとどうだったの?!」というツッコミが、心の中で、チクチクしていました…。^^;

11008_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安いですっ!\(^0^)/

 いい大人がなんですが、「リサとガスパール」というキャラクターが、とても好きです。この2人というか、2匹というか、とにかくこのペアが、思いっきりいたずらをしながら遊んでいる絵を見ると、気持がなごむのです。それで、気に入った絵を見つけると、切り取ったり、あるいはカラーコピーまでして、ちょっとノートにはさんでみたりと、いろいろ楽しみます。

 ところでこのキャラクターの絵は、ちょっと私にはお値段が高めなのです。一番安く手に入る状態で、ポストカード150円ということが多いです。そして絵の種類が多いのに対して、ポストカードの種類は少ないらしく、なかなかお気に入りの絵を手に入れることが難しいのです。

 ところが写真のこのお菓子、なんとこんなにはっきりと絵がついていて、それでいて1個、たしか78円ぐらいのお値段でした。

 安いですっ! とっても安いですっ!

 これでお菓子まで!ついているなんて、とっても安いと思います。(?)

 もちろんお菓子は丁寧に袋を開けて、食べてしまったあとの袋はきれいに洗い、私のお楽しみ素材に追加予定です。\(^0^)

11007_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »