« 安くてトクはしたのですが… | トップページ | 八丈島 »

雨の森

 週末は、大学のスクーリングに行きました。

 お天気はひどい雨でした。でも私は、空が晴れていると遊びに行きたくなってしまう性分なので、お勉強をするにはちょうど良いぐらいの雨でした。

 はじめて文学系の講義を受講しました。とてつもなく遠回りをしているように見えるかも知れませんが、「エンデの遺言」を、自分の中からアウト・プットする力をつけるためです。

 「エンデの遺言」を追いかけ始めた時、私は謎解きが終わっても、その結果を頭の良い人たちに説明する気は、全くありませんでした。かつての私のように「株式会社って何だろう?」と考えながら、社会のすそ野で働く人に、伝わる説明ができれば十分なはずでした。

 でも今は私も、少しでもいいから「教養」というものを身につけて、しっかりとした文章を書けるようになりたいと、思うようになりました。

 学問という芯が入っていないと、骨のある文章が書けないのではないか?と思うようになったのです。そしてまた、実際に「エンデの遺言」を具体的に説明しようとすると、あまりにも扱う物事の規模が大きくて、どうしても一部は学問による言葉というものが、必要だということもわかりました。

 大学の、薄暗い階段の踊り場で、スクーリングに来るたびに見上げる大きなスギの木を、雨の降る窓から見ていました。そうやって静かにしていると、うっそうとした森の中にいるようでした。

 私にたとえば、あと25年ぐらいの時間があるとして、その中でおそらく本当に何かを力いっぱいできるのは、あと15年ぐらいかも知れないと考えて、それまでの時間の中で、私はどれだけ先に進めるだろうか?と思います。

 今はただ、目の前にある「小さな、できること」を積み重ねていこうと思います。

 いつかは雨が上がる時も来るし、目の前をさっと通り過ぎようとする、「チャンスのしっぽ」をしっかりと捕まえられる時だってあるかも知れません。

 雨の森の中にいるけれど、それほど心細くはありません。

11011_

|

« 安くてトクはしたのですが… | トップページ | 八丈島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/51820979

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の森:

« 安くてトクはしたのですが… | トップページ | 八丈島 »