« エンデ1/4.エンデの言葉(4) | トップページ | エンデ1/5.エンデの思索のあと(1) »

TABLE FOR TWO プログラム♪

 私は普段、募金や寄付は、ほとんどしません。

 ところが、不思議な社会貢献運動に出会ってしまい、自動的に20円、寄付をしてしまいました。

 きっかけは、待ち合わせ相手の都合によって、休日の正午に、駅の改札前で待ち合わせとなったことでした。駅周辺はすごい混雑で、これでは落ち着いた食事など、とても望めません。ところが相手が、感じの良いカフェを知っていて、その時間帯でもわりあい静かに、おしゃれな雰囲気の中で食事ができたのです。

 注文をして待っている間、ふとテーブルのはしにあった札に、目が止まりました。「TABLE FOR TWO」と書かれてありました。

 読んでみると、そのお店では食事の注文1人につき、20円をアフリアの子どもの給食、1食分として寄付をするそうです。だから、たとえ一人で食事をしたとしても「TABLE FOR TWO」(2人の食卓)なのだそうです。

 日頃から経済に関心のある私としては、このプログラムのアイデアに、興味をひかれてたまりませんでした。

 そのお店の食事の値段は1000円程度です。とても雰囲気の良いお店でした。そしてその日は休日のお昼時なのに、まぁまぁおだやかな様子です。私としてはその時の食事の1000円は、十分に妥当な金額です。

 それなのに私は、そのお店で食事をしたというだけで、自動的に20円の寄付まで、してしまうのです。アフリカの小さな誰かが、きっと元気に給食を食べてくれるのでしょう。私としては、すごいおトク感です。

 私は、寄付をしたつもりはまったくありません。普通に値段に見合うお店で食事をしただけです。それなのに20円が、寄付されます。そうなると20円は、いったい誰が払ってくれている?

 しばらく考えていて、「お店または、株主、なのかなぁ…?」と思いました。

 なぜかと言うと、私は、そのお店が提供してくれるサービスに、値段相応な満足を感じているのです。だから「20円を余分に払った」という気持ちはまったくしていません。

 TABLE FOR TWOは、おもしろいプログラムだと思います。お金を出させてしまう寄付のシステムがまったく自然に組まれてあり、しかも温かさと、明るさが感じられて、アイデア自体に魅力を感じます。

 もしも、ほとんど同じような2つのカフェがあって、片方だけがこのプログラムに参加していたら、私は、そちらのお店を選ぼうと思います。なぜかというと、20円を寄付しても十分なサービスが可能な、そのお店の技量と気持ちに、一層の価値を感じるからです。

 残念ながら、その日のお料理は、私には少し味が濃すぎました。

 それでも、せっかくこのプログラムを知ったので、何か良い形で、気持ち良く協力できないかな?と思います。どうやら、デパ地下のお惣菜などもあるようです。

*TABLE FOR TWOの公式サイトは、こちらです。
http://www.tablefor2.org/

|

« エンデ1/4.エンデの言葉(4) | トップページ | エンデ1/5.エンデの思索のあと(1) »

コメント

突然のコメント失礼いたします。
TABLE FOR TWOに関わっている者です。
偶然この記事を発見し、とっても嬉しく思っております!!
「20円余分に払っている」という感じはない、というお話など、大変参考になりました。

TABLE FOR TWOは、「1食食べると、1食届く」というコンセプトの他に、「先進国のカロリーオフを、途上国のカロリーオンに」という考えをもっております。
世界人口70億人のうち、飢餓にあえぐ人が途上国を中心に10億人、逆に、肥満や生活習慣病で苦しむ人が先進国を中心に10億人、という『食の不均衡』を解消すべく、20円を上乗せするメニューはカロリーを抑えたり栄養バランスを考えたヘルシーメニューにしております。

またどこかで見かけた際は、ぜひ注文していただいたり、周りの方にも広めて頂けたら嬉しいです!
素敵な記事で紹介してくださり、ありがとうございました。

投稿: チキン | 2011年11月21日 (月) 12時26分

チキンさま

記事をみつけてくださって、どうもありがとうございます。
また、うれしいコメントも、どうもありがとうございます。

TABLE FOR TWOの関係者さんなのですね。

TABLE FOR TWO プログラムとの出会い、とても感激いたしました。
カロリーについては、気がつきませんでしたが、カロリー抑制は私自身のためにもよさそうです。(^^;)

これからクリスマスに向けて、また触れられる機会を増やしていきたいと考えております。
TABLE FOR TWO、応援しております♪

また何かTEBLE FOR TWOに関して、素敵な体験が増えましたら、ブログで書かせていただきます。

どうもありがとうございました。(^0^)

投稿: みほれみ | 2011年11月21日 (月) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/53261630

この記事へのトラックバック一覧です: TABLE FOR TWO プログラム♪:

« エンデ1/4.エンデの言葉(4) | トップページ | エンデ1/5.エンデの思索のあと(1) »