« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

良いお年をお迎えください。

 気がつけば、大みそかです。

 お気に入りのカレンダーを取りかえながら、この1年の、このブログの進捗を振り返ります。あまり進んでいないような、それでも少しは前進したような…。

 いつも思いますが、私はとても変わったことを書いていると思います。

 ですので、このブログを読んでくださる読者さんがいてくださることは、本当にうれしいです。

 今年も、ちょっと変わったこのブログをお読みいただきまして、どうもありがとうございました。みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。(^^)

11069_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里芋の話から(時間の経過と、生活循環)

 ゲゼルの「減価するお金」について考えるようになってから、ある時「消費と減価は何が違うのだろう?」と考えていた時期がありました。

 どちらも形が消滅して、結果的に消えてしまうのは同じです。

 たとえば野菜を食べてしまうことによって、野菜の姿が消えてしまうことと、小麦やお米を保管しても、どうしても時間の経過とともに品質が下がってしまって、最後にだめになってしまう現象は、「消えてしまう」という結果は同じです。

 でも、何かが違うのではないか?と感じていました。

 そういう時に、まさか自分が過去に書いた文章が、その答えを見つけていたのだと気づいて、自分で「ああ、なるほど」と納得したことがありました。

 2005年の1月に書いていた文章です。保管してあった里芋にかびをはやしてしまったことは、さておいて…。

 私が「エンデの遺言」は本当のことだと直感したのは、2007年の5月です。

 人間が食べたものは、人間の中に吸収されて、その人が未来を生きるエネルギーに変わります。服でも、家でも、教育や娯楽でさえも、生産された生産物は消費によって、目に見える形は消えますが、その生産物が存在していたことによって、人間の生命は生き続け、翌日からの未来へつながります。

 そうして未来につながった人間がまた、生産をします。

 「時間の経過」という、どうしても止められない変化をする世界の中で、私たちはそういう経済活動を日々繰り返し、過去から未来へと生きています。

生活循環です。

ゲゼルの言う「減価」は、生活循環の外にあるのです。

 だから「減価するお金」なのだと思います。

===============

「里芋」

 実家から送られてきた里芋の皮をむいていた。
 袋の下の方にあったのを手に取った時、その里芋がかびているのに気がついた。そんなにしばらく、放ってしまっていたかしらと、壁のカレンダーに目をやった。
 たしかに、少したっていた。

 里芋は。
 畑の中から実を作り、土から掘られて、人の手もとまで来る。
 畑の中で実になってから、ある時間だけ「食べられる里芋」であり、その期間を過ぎると、今度は食べられなくなる。
 ずっと、里芋のまま、食べられるわけではない。

 私の手の中にある、小さな里芋。

 世の中にあるものは、すべて、変化し、変滅してしまう、その途中。
 私は不思議な気持ちで、手の中にある里芋の、ぬめりに気をつけ、皮をむく。

 
里芋も、じゃが芋も米も、肉も、魚も、いつも、いつまでも食べられるままではない。
 すべて、時間が過ぎれば食べられなくなる。
 私達は、そういう変化する世界の中に、生きている。

 もしも、この里芋が永遠に「食べられる里芋」のままであったら。
 世界の中で、どれぐらいの人達が飢えから解放されるだろう。
 里芋だけでなく、米でも、小麦でも、食べ物がすべて、いつまでも食べられるまま、変化しなくなったら?

 里芋は、私の食卓の煮物になった。
 しょうゆやみりんの香りがする、あたたかな煮物が、私のお腹におさまる。
 里芋の栄養は、これから私の身体の一部になり、変化した里芋の栄養と一緒に、私が明日を生きてゆく。

 私もいつか、変化する。
 いつか、私の時間の終わりには、私もまた、灰になり、土になり。そして、この世界から消えてゆく。

 私は、生きている間に、この世界で何をしておこう?
 変化してしまった里芋のように、私も何も、形を残さなくても。

 私は、自分の意思で。
 何をしようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スライドの試作2「経済の二重構造」

 これもスライドの試作です。

 経済の二重構造を表現したいのですが、立体的でむずかしいです…。

001

002

003

004

005

006

007

008

PDFです。
「20111215.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スライドの試作1「生活循環と経済活動」

 人間の生活は、1日の中で「ひとつの輪」のように、生きるために必要なものを生産することと、それを使用して、明日へ生命をつないでいくことが、流れのようにつながって、過去から現在へ、現在から未来へとつながっていると思うのです。

 「生活循環」という言葉は、たしか、ある経済学者の方が考えた言葉です。

 その「輪」の状態と、経済活動の状態を表現してみたいと思いました。

001

002

003

004

005

006

試作なのですが、PDFもつけてみました♪
20111214.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界的規模での経済問題の分類

 地球の経済活動は、お金の世界と、実体のある生産物やサービスの世界の二重構造なので、どの規模でとりあげてみても、どちらの世界の出来事なのか分類が可能です。

 今度は、世界的規模での経済問題を分類してみました♪(^0^)

11060001

11060002_2

11060003

11060004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業が起こす事件、事故の分類

 企業の中も、お金の世界と、実体のある生産の世界の、二重構造だと思います。

 企業が事件や事故を起こしてしまう時は、その、どちらの世界に属する事件、事故なのか、分類できるのではないか?と思いました。

 そこで、分類してみました。

11059001

11059002

11059003

今のところ、このような感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身のほど知らず…

 いよいよ「『エンデの遺言』解明プロジェクト」のStep3、「根源からお金を考える」というカテゴリーに入ろうとしたところ、取り扱うテーマが大きすぎて、どこから手をつけたら良いのかがわからなくなり、途方にくれてしまうという状況になりました。

 「身のほど知らず」とは、まさしく私のような者のことを言うのであろう…と、痛感しています。(^^;)

 しばらくは包丁を持って、目の前に横たわっている、大きすぎる魚のまわりをうろうろ、です。

11058_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »