« 今年の目標です♪ | トップページ | 世界を、変えちゃおう♪\(^0^)/ »

やりたいこと

 現在の職業は研修講師です。

 

 最近ある会場で同僚のベテラン講師から、私の話し方が上手になったとほめてもらえました。会場の雰囲気のほぐし方が上手にできていたそうです。実際にその日の受講者さんは、楽しそうでした。自分では自覚がなかったので、うれしかったです。

 

 こういう楽しい空間と時間を作れるよろこびは、この仕事のおもしろみのひとつです。

 

 その日から、このようなことを考えるようになりました。

 

 私がこのブログを書いている目的は、かつての私のように、「私たちの世の中の経済って、どうせこんなもので、どうにもならないんでしょう?」と、あきらめている人に、「あれっ、もしかしたらそうでもないのかも?」と思ってもらいたいからです。私は「あきらめ」が苦手なのです。

 

 「どうせこんなもの」というのは、貧困があって、長時間労働があって、競争のために仕事を十分に楽しませてもらえなくて、大学院まで出ても、仕事に就けなかったりするような、ちょっとへんてこな社会のことです。就職難なんて、社会の労働力を無駄にしていることですから、とてもばかばかしい状態だと思いますが、地球ではずっとそういう経済が「あたりまえ」でした。

 

 だからちょっと大きくなった子どもたちは、楽しくないと思います。どうせどんなにがんばったって、自分はこの、貧困も解決できない経済の一部でしかないからです。

 

 地球の経済は、世の中の一部の人には楽しくても、世の中の大勢の人にはとっくに、もうその可能性をあきらめられているのだと思います。それは、「人間って結局こういうものでしかないんだね。これはしかたがないんだよね」という、人間の可能性についてのあきらめです。

 

 私の「エンデの遺言」解明作業はまだ途中ですが、私はこの作業を完成させることで、地球に蔓延しているこの「あきらめ」を覆したいのだと思いました。

 

それは、「世の中を変えたい」というほどの大きなことではなくて、ひとりでもふたりでも、誰かに伝えることができて、「あっ、できるかも?」と思ってもらいたいのです。

 

 いつか私が「エンデの遺言」の解明ができて、わかりやすい説明ができるようになったらどこかで、聞いて下さる人に見ていただきながら、プレゼンをしてみたいなと思いました。

 

 私がプレゼンをする前は、「地球の経済って、やっかいだよね」という表情をしていた人たちが、私のプレゼンを聞いているうちに、「あれっ?」とか、「あっ!」という表情に変わって下さって、「えーっ、もしかして、そういうこと?」と途中であぜんとして下さって。そして、プレゼンが終わった後には、「目からウロコでした。希望がわいてきました!」なんて、言ってもらえたら…!

 

 ちょうど現在している仕事の中で、「○○は使いにくいソフトウェアだと思っていたけれど、本当はそうでないことがわかって楽しかったです」と言っていただけるような感覚で。

 

 そうしたら、「もう幸せすぎて、たまらないっ!」と思います♪

 

 そんな、大きな夢(妄想?)を見ています。(^0^)

|

« 今年の目標です♪ | トップページ | 世界を、変えちゃおう♪\(^0^)/ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/53786483

この記事へのトラックバック一覧です: やりたいこと:

« 今年の目標です♪ | トップページ | 世界を、変えちゃおう♪\(^0^)/ »