« やっぱり、世界は変えなくていいと思います。 | トップページ | アムール・デュ・ショコラ »

子どもの数

 私自身には子どもはいないのですが、私は子どもの数が多い家庭というのがちょっと苦手で、以前から少子化という現象についても、それほどよくないこととは思っていませんでした。

 

 私はおっとり型の性格なので、子だくさんとか、にぎやかすぎる大家族は、あまりむいていないのだと思います。子どもは少人数の、小さな家族の方が、子どもひとりひとりの気持ちを大切に接してあげることができて、いいのではないかな?と、なんとなく漠然と思っていました。

 

 でも最近、その考え方が少し変わりました。

 

 親戚の新年会があって、そうしたらめずらしく5人兄弟プラス5人の子どもで、合計10人の子どもが集まっている場面を見たのです。年齢は15歳から1歳まで、ばらばらです。ひとつの部屋に、それだけの子どもが集まっていると、ちょっと壮観な感じでした。

 

 でも見ていたら、意外なことに気がつきました。

 

 子どもたちは5人兄弟を中心に、しょっちゅうかまい合って、動物みたいによくくっついて遊んでいるのです。年齢が上の子どもがちゃんと、自分より小さいこどもの世話をして、5人兄弟の一番下の子どもも、自分より小さい1歳児にちゃんとかまっています。

 

 子どもの性格にもよりますが、ひとなつっこい1歳児は、あちこちに移動しながら大人、子ども問わずに、いろいろな場所で抱っこされ、すっかりご満悦の様子です。

 

 「いい場面だな」と思いました。

 

 大家族というのは、(その状況にもよるのでしょうが)小さい子どもが抱っこしてもらえる場所が、いっぱいあるわけです。核家族の中の一人っ子、二人っ子では、なかなかそうもいかないのではないかと思います。

 

 小さい子どもにとって、ほかの人の体温を感じていられるということは、とても大切なことだと思います。

 

 資本主義下では、先進国では少子化、発展途上国では人口増加傾向のようですが、子どもにとっては、いったいどういう状態がいいのかな?と、少し考えてしまいました。

 

 どちらにしても、安全に生きられることは大前提です。

 

 経済が資本主義でなくなった時、地球の子どもの数と言うのは、いったいどのぐらいに落ち着くのかな?、と思います。

|

« やっぱり、世界は変えなくていいと思います。 | トップページ | アムール・デュ・ショコラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/53929667

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの数:

« やっぱり、世界は変えなくていいと思います。 | トップページ | アムール・デュ・ショコラ »