« 結論です。(その16)参考にした思想や理論です。 | トップページ | ブログをちょっと、お片付けします♪ »

「モモ」な気分です。

 JR福知山線の事故が起こったのは、2005年でした。

 

 そうした交通機関などの事故が起こる時には、直接的ではありませんが、株式会社という問題が絡んでいる気配を私は以前にも考えていて、どこかもどかしい思いでした。

 

それなのにまた、交通機関の事故が起こってしまいました。今度は高速バスの事故でした。ツアーバス業界は規制緩和の影響で過当競争状態にあり、運転手の勤務は厳しくなっているそうです。

 

競争って、いったい何を競争しているのでしょう?

 

大企業を中心に考えて、株主配当が多く出せるようにと競争をしてしまうと、「バスを運行する」という仕事にかけられるお金は少なくなり、それに持ちこたえられるようにと、中小企業などはますますお金を節約する必要が出てくるので、仕事の内容が荒っぽくなってしまいます。

 

株主配当など一切の資産運用が存在しなければ、企業は自分の会社の力量以上に競争をする必要がないので、「バスを運行する」という仕事に安心してお金をかけられるようになりますheart

 

そういう状況の中でそれぞれの会社ごとに、お客さんのために、より喜ばれるサービスを無理なく考え、提供するのが、本来の競争なのだと思います。shine

 

被害者となった方々は、会社や運転手さんを責めたいと思います。

 

でも私には、会社や運転手さんもまた、もしかしたらエンデの言う「時間どろぼう」の被害者であるかもしれないと、考えてしまいます。

 

誰だって、事故を起こしたくて仕事をする人などいないのです。

 

それなのに私たちの社会では、繰り返し、繰り返し、同じようなパターンで事故が起こっています。

 

なんだか「モモ」な気分です。

 

ほとんどの人は気がついていないけれど、「時間どろぼう」はたしかに存在していて、私たちの社会の仕事の質をむしばんでいます。

 

明るいGW中なのですが、テレビを見たくありません。

 
「時間どろぼう」の存在を知りながら、まだどうにもできなかった時の、モモのような気持ちになってしまうからです。

 
でも、モモに力を与えたのは、モモ自身ではありませんでした。マイスター・ホラがモモを呼んだのです。shine

 
いつかマイスター・ホラに言われてカシオペイアが来てくれたら、私も絶対にマイスター・ホラのところに行き、人間の「ぬすまれた時間」を取りもどします♪
(^0^)

 

 

|

« 結論です。(その16)参考にした思想や理論です。 | トップページ | ブログをちょっと、お片付けします♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/54598953

この記事へのトラックバック一覧です: 「モモ」な気分です。:

« 結論です。(その16)参考にした思想や理論です。 | トップページ | ブログをちょっと、お片付けします♪ »