« 地域通貨のアイデア例、ひとつ♪(2) | トップページ | 結論です。(その4) 生産と減価について »

地球の経済は、このままで。

 ひとつ前の記事に書いた、「地域通貨勘定による仕訳flair」というのは、このブログの結論となる、「もっとも人間に適したお金のシステムの在り方shine」を、現代社会の仕訳で表現したものです。(結論については、少し前に書きました。)

http://go-go-lemming.cocolog-nifty.com/okanetojikan/2012/03/post-0bc6.html

 

 このお金システムは、個人がどのぐらい、ほかの人たちに借りがあるか、貸しがあるかという、「残高にはこだわらない」という、大変いいかげんなお金のシステムです。

 

 このお金システムは、スマートグリッド型と言いますか、スマートグリッド型よりも、もっと自由です。生産物や財の交換状況に合わせて、取引が発生すればその都度誕生し、その後はまったく野放しです。

 (ただしこのお金システムの場合は、一切の資産運用は禁止です。お金は、生産物や財の交換以外には、まったく使えません。)

 

 シルビオ・ゲゼルの「減価するお金」というのは、電子マネーが作れなかった時代の、苦肉の策であったと、私は考えています。ゲゼルの時代に電子マネーが存在していたら、ゲゼルは、もっと違うタイプのお金を考え出していたかも知れません。

 

 「貸し、借りの残高にこだわらない」というのは、この、奇妙なお金を理解するハードルです。

 

ただ、考え方を変えてみれば、私たちの現代社会でも、もしも銀行が期間を決めることなく無利子で、お金を必要とする人たちに、お金を貸してあげれば、どの企業も倒産などしないし、どの家庭も露頭に迷う必要はありません。

 

 私たちの社会には、使ってほしい生産物や、サービスや、それから労働力を提供したい人たちはたくさんいるのです。そうした生産物や、サービスや労働力は、交換に必要なお金がないために、交換されずに余っているだけです。

 

 それならば、交換に必要なお金を誰かが貸してあげればいい、あるいはお金の代用品でも構わない。交換した記録が、いちおう残せるならば…、というわけです。

 

 ところで、この新しく考えついたお金のシステムですが…。

 現代の地球では、実現が不可能なシステムであることがわかりました。(!)sweat01

 

 「いつかは、世の中を変えたい!」と、まことに「大きすぎる野望?!」を抱いていた私としては、ショックです。sweat02

 

 どうしてだめかというと、こういうことなのです。

 

電子マネーの技術の問題ではありません。

 

 人間の心の問題です。heart01

 

 社会のシステムというのは、人間の心の状態に合っていなくてはいけません。

 

 たとえば幼稚園児の集団には、幼稚園児の成長に合った決まりが必要だし、高校生の集団には、高校生の状態にあった、集団の仕組みが必要です。

 

 私が結論として考えついた電子マネーのシステムは、現代の地球の人の心に合っていないのです。私が考え付いた電子マネーのシステムが正しく機能するためには、いくつかの前提条件があるのです。

 

 それは、社会の生産技術が、社会の人口全員分を養えるほどに、発達していること。(こちらは、おそらくOKでしょう。)

 

そして、人間同士の間に、「何かを作ることは楽しい♪」という認識や、「ほかの人と仲良く生きていった方が、楽しい」という、認識が出来上がっていること、などです。heart

 

地球にはまだまだ、人間の心の中に、そういう認識が育っていません。

 

 地球はまだまだ、「ほかの人を支配したい」、「ほかの人が苦しんでいても、気にならない」、「自分だけが、豊かでいたい」という心で生きている人が多いのです。そして「他人が信じられない」という恐怖感も、とても強いのです。

 

 そういう社会には、そういう人たちに合った社会の仕組みが必要です。そして、そういう人たちにちょうど合っている、経済システムができあがってしまいます。

 

 それが「資本主義dollar」という経済システムなのでしょう。

 

 というわけで、もしも新しい経済システムが解明されても、地球は変わらない。

 

 私にとっては残念なことですが、地球には、そういう時間がまだまだ必要そうです。

 

 私にできることは、小さくここに、書き記してゆくことだけです。pen

12025__2

|

« 地域通貨のアイデア例、ひとつ♪(2) | トップページ | 結論です。(その4) 生産と減価について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/54380378

この記事へのトラックバック一覧です: 地球の経済は、このままで。:

« 地域通貨のアイデア例、ひとつ♪(2) | トップページ | 結論です。(その4) 生産と減価について »