« 思い込み | トップページ | 出生前診断と経済社会 »

育む経済

 自分の思考を観察していると、時々「四次元ボックスみたい!」と、自分で笑ってしまうことがあります。

 

 たとえば「りんごapple」と入力すると、「銀色のラメのサンダル、ヒールは9㎝!shine」と出てきたりします。外からみると「いったいどうして?!」という感じですが。

 

 でも本人の中では、ちゃんとつながりがあるのですよ。(笑)

 

 

 ある小説を読んでいました。とても平和な、田舎町の食品メーカーのお話です。

 

 出てくる人が、みんな人懐っこくて、いい人ばかりです。毎日平和でゆるゆる、のんびり。安心感がいっぱいです。

 

 「いいなぁ、こういう雰囲気」と思っていたら、だんだん、得意の妄想の世界に行ってしまいました。

 

 「育む経済!」。

 

 突然、そんなタイトルまで浮かんできます。「妄想」にますます力が入ります。

 

 

 「育む経済chick」とは、例えばこんな感じです。

 

 ある田舎町。その町は農業や漁業が十分盛んで、食べ物は豊富。幸いエネルギー問題も、なんとかなる。

 

 町には居酒屋は一軒しかなく、もちろんホテルやスーパーも一軒だけ。

 

 町の人たちはなんとなく地域通貨shineを使っていて、単位は1円相当が「1ナット」かな?(笑)

 

 新聞やテレビでは毎日、金融危機だのなんだの、しょっちゅう大騒ぎをしていますが、その町は食べ物もエネルギーもOKなので、どことなくのんびり暮らしています。

 

 そして、その町には「懲りない企業家」という、人たちがいるのです。

 

その人たちは、それまでにもう何回も、新しいビジネスを始めては、倒産しています。

 

その人たちが企業をすると、駅前のバス停の掲示板に、このようなチラシが貼られるのです。

 

 「新しいビジネス、始めます。内容は、かくかくしかじかで、物品及び資金を必要としています。『おもしろいじゃないか!』と思われる方は、ご協力をお願いいたします。」

 

 そうすると町の人たちが、畑やお店で余った食べ物だの、ビジネスの道具や原料だの、あるいは地域通貨の「ナット」など、わいわい持ってきてくれるのです。

 

 経営の様子はインターネットで公開されます。出資者の応援、ご心配、いろいろご意見もいただいて…。

 

 それから約1年後ぐらい、その企業家はよくがんばったけれど、ビジネスは倒産して、バス停の掲示板に、また貼り紙です。

 

 「倒産してしまいました。ご協力をいただいた皆さま、すみません。どうもありがとうございました。またいつかチャレンジしますので、その時はまた、よろしくお願いいたします。」

 

 町の人たちはその貼り紙をみて、「あ~あ、また、だめだったんだね~」とか言いながら、「でもまぁ、おもしろいアイデアだったから、ま、いっか!」とか言って、そこで終わり!

 

 

 えっ、軽すぎます?sweat01

 

 でも、そういう経済って、おもしろいと思いませんか?heart01

 

 

 生産が上手で、金融システムが違うので、「企業に伴うリスク」というものが、小さくなっているのです。

 

 前述の企業家さんも、そうやってエジソンのように、何度も倒産しているうちに、ある時、新しいビジネスモデルを成功させて、もしかしたら町中が、世界の注目を浴びる日が来るかも知れません。flair

 

 そうしたら今度は町中が、観光客を相手に大繁盛?!

 

 「育む経済」です。せっかく食べ物もエネルギーも足りているのなら、お金という制限に縛られず、遊び心と冒険心と、人間の知恵を活用して、まったく新しいアイデアの実現にチャレンジできる経済です。shine

 

 社会に迷惑をかけない限り、新製品の開発でも何でも、何度でもチャレンジが可能です。

 

 金融システムが愛情深く、大人であれば、そういう経済が可能です。heart

 

 金融は、社会を上から動かすのではなく、社会の発展を手伝うのです。heart

 

 「そういう経済って、あったらステキだな♪」と思います。

 

 

 ちなみに、この妄想のきっかけとなった小説ですが、「株式会社ネバーラ北関東支社」という本です。

 

 そしてカンのいい読者さまは、すでにもうお気づきのことかと思いますが、この会社の主力商品はもちろん納豆です…。

 

*^^*

携帯用リンクはこちらです。

|

« 思い込み | トップページ | 出生前診断と経済社会 »

コメント

こんにちは。
お元気で、愛ある社会が当たり前になるための研究に勤しまれているご様子、何よりです。
ますますのご健康とご発展とをお祈りいたします!
☆ミヽ(´▽`)/

私も、私にできること、それがささやかであっても、笑顔で頑張ります!

投稿: ぴーちゃん | 2012年9月15日 (土) 11時01分

ぴーちゃん様

こんにちは。
コメントをどうもありがとうございます。heart

愛ある社会shine、優しい社会shine
心の中にそういう社会のビジョンを抱いていられることは、幸せなことですね♪

まだまだ残暑の厳しい毎日ですが、楽しい日々をお祈り申し上げます。
\(^0^)/

投稿: みほれみ | 2012年9月16日 (日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/55626084

この記事へのトラックバック一覧です: 育む経済:

« 思い込み | トップページ | 出生前診断と経済社会 »