« 平和の下ごしらえ? | トップページ | 牛丼の値段(1) »

だんだん遠く…

 ある雑誌を読んでいたら、立派な経済学者の人なのですが、「ケインズの本はとても難しかった」と書いてありました。

 経済学に関する本を読んでいると、このような記述によく出会います。

 

 リカード、ケインズ、マルクスなど。

 

どうやら学者の人が読んでも難しいらしいです。

 

 それで、そういう記述に出会うと、私はこう思います。

 

 「学問のプロである学者の人が読んでも難しいというほどの本なのだから、学生である私に読める道理がない。きっとどこかに、学者の人がわかりやすく解説してくれてある本があるはずだから、それを読もう!」と。

 

 私は経済学を勉強している学生なのですから、効率優先です。


 ところで私は、自分の所属している大学の経済原論のテキストが読めません。sweat01

 

 難しいだろうと覚悟はしていたのですが、本当に難しくて、がんばって読んでも全然進みません。sweat01

 

 それで、テキストに直接、体当たりをするのはいったん中止して、このテキストを読むために、もう少しやさしく書かれてある経済学の本を、一度読んでみることにしました。

 

 とにかく経済理論の世界の概要をつかもうというわけです。ちょっと遠回りですが、しかたありません。

 

 ところがその本もやはり、私には難しいところがあって、躓いてしまいました。sweat01

 

 それで今度はその本を読むために、また、もっと!やさしく書かれてある、経済学の本を手に取りました。

 

 今のところ、ちゃんと読めています。

 

でももしもこの先、この本も躓いてしまったら私は、また、もっと!!やさしい経済学の本を探さなくてはいけません。sweat01

 

 でも、ここまでテキストから離れてしまって思うのですが、この次に手に取る本にはもう、「経済学」というタイトルはついていないような気がします。

 

 おそらく「社会」とか、そんな感じでしょうか…。sweat02

 

 なんとかここで、踏みとどまらないと!

 

 それにしても遠くに来すぎて、なんだか戻るのが面倒になってしまいました。

 

 もしかして、このまま迷子になりそうな。

(^^;)

|

« 平和の下ごしらえ? | トップページ | 牛丼の値段(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/55784114

この記事へのトラックバック一覧です: だんだん遠く…:

« 平和の下ごしらえ? | トップページ | 牛丼の値段(1) »