« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

お金にも時間にもならなくても…

 5年ちょっとぶりに、経理の仕事に戻りました。

 

 5年も離れていたのだから、きっといろいろなことを忘れてしまっているだろうと、思いました。

 

 ところが仕事を始めてみたら以前よりも、経理の仕事への理解が深まっていることが、わかりました。以前ならまったく意味がわからなかった仕訳のパターンや、取引の処理の方法も、ずいぶんわかるようになっています。

 

 どうしてなんだろう?という気持ちもしましたが、答えは明白です。

 

 あきれたことに、全然「お金と時間」のどちらにもならないこのブログ!を、ずっと書いていたことで、自然と簿記や会計の勉強になっていたのです。shine

 

 今は毎日、簿記の仕組みの素晴らしさにどっぷり漬かり、新鮮な気持ちで感嘆する日々です。shine

 

 人間って何が幸いするか、わからないものですね。

 

(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃんと完売していました。

 暮れに、このブログの中で「買いたい! 買いたい!」と騒いでいた、商店街のプレミアム付き商品券shineですが、なんとか暮れのうちに買いに行きました。

 

 「本当にそんな場所に?」と不審に思っていた商店街事務所ですが、言われたとおりの場所にちゃんとありました。

 

 「本当に、この建物の中に?」と、これもまた不審に思いながら狭い階段を上ったら、本当でした。びっくりしました!(失礼ながら…。)

 

入り口を入るとカウンターがあり、中は普通の事務所のような感じでした。おまけにとても忙しそうです。

 
商店街事務所の場所がわからなくて、なかなか買いに来られなかったことを伝えました。

 「
売れ残っちゃったら、もったいないんじゃないですか?」と言ったら、意外にも「ああ、でも、もうあとちょっとで、売り切れなんですよ♪heart」と言っていました。

 
やはり知っている人は知っていて、そのような目立たぬ場所にある商店街事務所でも、ちゃんと見つけて買いに来るようです。「お手軽税金還付shine」によるプレミアムをねらっていたのは、私だけではなかったみたいです。

 
年が明け、はじめにポスターを見た場所を通ったら、今度は「完売」のポスターが貼ってありました。

 
とっても景気が良さそうなポスターです。

 
ちゃんと完売で良かったです。

 

めでたしめでたし♪です。heart

13003_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界と自分の関わり方 (ルフィの理由)

 元旦は「ONE PIECE FILM Z」を見てきました。

 

 「ONE PIECE」は、まったくはじめてです。マンガも読んでもありません。知っているのは、あの可愛いチョッパーは、トナカイなのだということぐらいです。heart

 

 映画の中で、海賊王になりたいルフィは、敵であるゼットと戦うことになりました。ゼットとは何者であるかを知る前に、ルフィは自分の大切な麦わら帽子を奪われたことにより、ゼットとの戦いを決めます。

 

 その後ルフィ達は、ゼットとは何者かを知ることになりました。

 

ゼットは元海軍大将でしたが、海賊に家族を殺され、その復讐心から海賊撲滅を目的としていました。ゼットの目的は海賊の撲滅ですが、その方法としてゼットは「新世界」という、ルフィ達も含めた海賊が活躍する、ひとつの世界全体の壊滅を計画しています。

 

 つまりルフィ達とゼットの戦いは、新世界の命運がかかっている戦いとなったのです。

 

 新世界の命運がかかっていると知り、ルフィの仲間たちは一瞬たじろぎます。「いくらなんでも、話が大きすぎる」という、たじろぎです。sweat01

 

 映画を見ている私としては、「話が大きすぎる」ということは、ここで挑んでいけば、ルフィはかえってヒーローです。てっきり、そういう展開になるのかと思って見ていました。

 

ところがルフィの理由は、まったく違っていたのです。

 

 ルフィは、まったくたじろいでいませんでした。

 

 ルフィにとっては、新世界の命運はどうでもよかったのです。ルフィにとって大切だったのは、恩人にもらった麦わら帽子であり、その麦わら帽子を奪い返すために(!)、ルフィはゼットとの戦いを「決める」のです。

 

 「(自分は)やりたいように、やる」というルフィの理由に、私は見ていて胸のすくような思いを感じました。shine

 

 どうやらルフィは、世界全体のためとか「正義の味方」ではなくて、自分の中に理由を持っているヒーローのようです。ルフィの戦いの理由は、あくまでも「自分」なのでした。

 

 映画の中で見た、ルフィと外的な世界の関係は私にとって、大変新鮮なものでした。私は思わず、このブログのことを考えました。

 

 もう3年ほどもこのブログを書きながら、私はいつもある種の「ためらい」を感じていました。

 

 それは私と、私の外にある世界との、関係における問題です。

 

 私は資本主義社会が嫌いです。私にとって資本主義社会とは、「ONE PIECE」中の、ルフィ達とはまた別の、品のない海賊たちが、卑しく暴れまわっている世界のようなものなのです。

 

 でもそういう世界にも、そういう世界を支持する人がいて、それなりの秩序はあるのです。ただ、そうした世界を支持する人たちと、私の価値観は大きく違います。

 

 私のように、働く人たちが安心して生きられる経済社会を望んでいる人は多いと思います。でも、あきらめなどの思いもあり、資本主義社会の終わりを望む気持ちは、それほど強くはないかも知れません。

 

 それならば、私が単純に「自分が嫌いだからthunder」という理由だけで、世界が資本主義でなくなることを望むのは、いわゆる「正義の押しつけ」ではないかというためらいが、私の中にはありました。

 

 それこそ、「話が大き過ぎる!」ということなのですが…。

 

 でもルフィを見ていて思ったのですが、私がそんなことを考える必要はまったくなかったのですね。heart

 

 「shine私は、資本主義社会が嫌いなのだからannoy、私の目の前でこれ以上、こんな不愉快な社会を展開するな!punch」というこれだけで、私は資本主義社会の終わりを望んで良かったのです。

 

 私が「資本主義社会の終わり」を望む理由は、これなのです。

 

 そういうわけで今年から私は、世界全体のことなど知りません!

 

shine(*^^*)shine

 

私もルフィのように自分の信念に基づいて、自分が「やりたいように、やる!heart」と決めました。

 

 今年は元旦から、元気な出航気分♪のスタートです。ship

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いいたします。

 あけましておめでとうございます。

 
本年もよろしくお願いいたします。

 

shinem(_ _)mshine

 

 

 とは言っても、今日はもう1月7日です。

 

 ちょっと、のんびりし過ぎてしまいました…。

 

(^^;)

★★★

 
100円均一で買ったお飾りなのですが、水引の鶴shineピンク色の花模様がとても可愛かったので、帰宅するたびにうれしくてたまりませんでした。heart

 
残念ですが、さすがに今日、はずしました。

13001__3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »