« 今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | ちゃんと完売していました。 »

世界と自分の関わり方 (ルフィの理由)

 元旦は「ONE PIECE FILM Z」を見てきました。

 

 「ONE PIECE」は、まったくはじめてです。マンガも読んでもありません。知っているのは、あの可愛いチョッパーは、トナカイなのだということぐらいです。heart

 

 映画の中で、海賊王になりたいルフィは、敵であるゼットと戦うことになりました。ゼットとは何者であるかを知る前に、ルフィは自分の大切な麦わら帽子を奪われたことにより、ゼットとの戦いを決めます。

 

 その後ルフィ達は、ゼットとは何者かを知ることになりました。

 

ゼットは元海軍大将でしたが、海賊に家族を殺され、その復讐心から海賊撲滅を目的としていました。ゼットの目的は海賊の撲滅ですが、その方法としてゼットは「新世界」という、ルフィ達も含めた海賊が活躍する、ひとつの世界全体の壊滅を計画しています。

 

 つまりルフィ達とゼットの戦いは、新世界の命運がかかっている戦いとなったのです。

 

 新世界の命運がかかっていると知り、ルフィの仲間たちは一瞬たじろぎます。「いくらなんでも、話が大きすぎる」という、たじろぎです。sweat01

 

 映画を見ている私としては、「話が大きすぎる」ということは、ここで挑んでいけば、ルフィはかえってヒーローです。てっきり、そういう展開になるのかと思って見ていました。

 

ところがルフィの理由は、まったく違っていたのです。

 

 ルフィは、まったくたじろいでいませんでした。

 

 ルフィにとっては、新世界の命運はどうでもよかったのです。ルフィにとって大切だったのは、恩人にもらった麦わら帽子であり、その麦わら帽子を奪い返すために(!)、ルフィはゼットとの戦いを「決める」のです。

 

 「(自分は)やりたいように、やる」というルフィの理由に、私は見ていて胸のすくような思いを感じました。shine

 

 どうやらルフィは、世界全体のためとか「正義の味方」ではなくて、自分の中に理由を持っているヒーローのようです。ルフィの戦いの理由は、あくまでも「自分」なのでした。

 

 映画の中で見た、ルフィと外的な世界の関係は私にとって、大変新鮮なものでした。私は思わず、このブログのことを考えました。

 

 もう3年ほどもこのブログを書きながら、私はいつもある種の「ためらい」を感じていました。

 

 それは私と、私の外にある世界との、関係における問題です。

 

 私は資本主義社会が嫌いです。私にとって資本主義社会とは、「ONE PIECE」中の、ルフィ達とはまた別の、品のない海賊たちが、卑しく暴れまわっている世界のようなものなのです。

 

 でもそういう世界にも、そういう世界を支持する人がいて、それなりの秩序はあるのです。ただ、そうした世界を支持する人たちと、私の価値観は大きく違います。

 

 私のように、働く人たちが安心して生きられる経済社会を望んでいる人は多いと思います。でも、あきらめなどの思いもあり、資本主義社会の終わりを望む気持ちは、それほど強くはないかも知れません。

 

 それならば、私が単純に「自分が嫌いだからthunder」という理由だけで、世界が資本主義でなくなることを望むのは、いわゆる「正義の押しつけ」ではないかというためらいが、私の中にはありました。

 

 それこそ、「話が大き過ぎる!」ということなのですが…。

 

 でもルフィを見ていて思ったのですが、私がそんなことを考える必要はまったくなかったのですね。heart

 

 「shine私は、資本主義社会が嫌いなのだからannoy、私の目の前でこれ以上、こんな不愉快な社会を展開するな!punch」というこれだけで、私は資本主義社会の終わりを望んで良かったのです。

 

 私が「資本主義社会の終わり」を望む理由は、これなのです。

 

 そういうわけで今年から私は、世界全体のことなど知りません!

 

shine(*^^*)shine

 

私もルフィのように自分の信念に基づいて、自分が「やりたいように、やる!heart」と決めました。

 

 今年は元旦から、元気な出航気分♪のスタートです。ship

|

« 今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | ちゃんと完売していました。 »

コメント

こんにちは!
最近私自身、働くことについてよく考える
機会が多くなり、そんな中いろいろと調べていくうちに、こちらのブログを訪問させて頂けました

ルフィみたいに自分がやりたいから、やる
って、私はなかなかできていないので、
とてもかっこよく思えます
筆者様はルフィのように覚悟を決められた
ので、かっこいいです!

投稿: たなん | 2014年4月12日 (土) 10時29分

たなん様

コメントをどうもありがとうございます!

私自身は少し事情がありまして、なかなか現実の仕事にさえもきちんと真向えない状況に、長いこと悩まされ続けてきました。

この最近になってようやく私も、自分の仕事、自分が本当にやりたいこと、自分が本当に望む生き方などについて考えられるようになったばかりです。

だからブログの中では宣言してあるものの、実際の自分は現実の基盤が弱くて、本当はまだまだ、かなりカッコ悪い…。sweat01

(というよりも、年齢などを考えると、あまりにもカッコ悪すぎて、人には語れないぐらいですが…。笑)

私は、今はまだ、もっとブログに力を注げるようになるために、現実の足元の仕事をしっかりさせようとしているところです。

やりたいことをやるための、足場固めです。

そのような時期に、思いもよらないステキなコメントをありがとうございました。heart

たなん様からのコメントをいただいて、私もちゃんと、カッコよくなろう!と思いました。shine

ルフィはカッコいいですね♪

強くて力があるから、本当に自分がやりたいようにチャレンジできていて。sun

このブログを自分が納得できるように、思いきり書いていくためには、たしかに私もルフィのような覚悟だけでなく、それから強さも必要だということに気がつきました。shine

元気が出るコメントをいただき、とてもうれしいです。

どうもありがとうございました。

(*^^*)


投稿: みほれみ | 2014年4月14日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/56541021

この記事へのトラックバック一覧です: 世界と自分の関わり方 (ルフィの理由):

« 今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | ちゃんと完売していました。 »