« もとい! | トップページ | お寺が資産運用に失敗すること(2) »

お寺が資産運用に失敗すること(1)

 高野山真言宗が資産運用で失敗して、お布施などを含めたお金から、6億8千万円の損失を出したそうです。

 

 このことについて2回に分けて、私の思うところを書いてみます。

 

 はじめのポイントは、お寺が資産運用をしてはいけないのか?です。

 

 ネットでは「お寺が資産運用なんて…」という雰囲気も見かけました。

 

 でも私は、お寺が資産運用をしても別にいいと思います

 宗教法人だって、どのような組織だって、お金がたくさんあれば、いろいろなことができます。だからお金を増やすために、運用にチャレンジするのは、かまわないと思います。

 

 お金は誰にとっても大切なものですし、きたないものでもありません。shine

 

 私たちはせっかく資本主義社会に生きているのだから、お金を得るために、資産運用という社会の仕組みを利用するのは、ひとつの知恵だと思います。

 だからお寺であっても、運用にチャレンジするのは、かまわない。

 

 ただし運用する以上、損をするリスクについては、覚悟をしておくべきでしょう。

 

 ましてやそれが、檀家からのお布施であるならば、なおのこと。sweat01

 

 私はそのように考えます。

 だから、
資産運用をしてはいけないとは、思いません。

 「気をつけて、運用しましょう♪」という感じです。

 

|

« もとい! | トップページ | お寺が資産運用に失敗すること(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/56909430

この記事へのトラックバック一覧です: お寺が資産運用に失敗すること(1):

« もとい! | トップページ | お寺が資産運用に失敗すること(2) »