« ただ今休学中です。(2) | トップページ | 経済学の歴史の本 »

憲法改正を前にして

Dvc00018

 
最近再び、以前会員であった宗教団体の、お祈りの会に行くようになりました。

 

 信仰心が戻ってきたというわけでもありません。

 

 私の中では今でも変わらず、神様であろうがなかろうが、「効果が表れないものは、信じない」という気持ちがあります。今でもそれは、変わりません。

 

 だから、いかに「権威ある経済学」でも、私にしてみれば半信半疑だし、そしてまた同様に、宗教についても、全面的に信じているというわけでもないのです。

 

 でも宗教に関しては、それでも再び、祈りたいと思うようになりました。

 

 理由は選挙です。

 

 参院選は、自民党の圧勝が予測されています。

 

 そうしたら、憲法は改正されるでしょう。

 

 96条から始まってその後は、おそらくいろいろな部分が変えられてしまうと思うのです。

 

 憲法については小さなところでは、私も「変えた方がいいのでは?」と思う部分はあるのです。

 

 でも自民党の草案のようには、変えてほしくない。

 

 とくに表現の自由に関する第21条の改正には、戦前、戦時中の日本を思わせるような不気味な雰囲気を感じます。

 

 そしてもちろん9条も。

 

 9条があっさり変えられてしまう日を思うのは、私としては憂鬱です。

 

 でも世の中は、そういう方向に流れているそうです。

 

 大地震を止められないのと同じようで、こうした世の中の流れというものも、やはり止められないものかも知れません。

 

 今度の選挙では平和を望む人たちも、自民党に投票する人は多いと予測します。

 

 アベノミクスで、たしかに株価は上昇したからです。

 

 株価を経済と信じる人たちは、「経済は良くなった」と思うでしょう。

 

 でもキャピタル・ゲイン(売買差益)を狙って株を買うということは、競馬の馬券を買うことと、それほど違いはないと思うのです。

 

 株と競馬の違いはあるとしても、そこにある状況は「予測が当たれば、儲かる」というそれだけです。

 

 キャピタル・ゲインを得る時には、その人は世の中の役に立つ財もサービスも、一切何も生産していません。

 

 その人がするのはただ「予測を立ててお金を出し、予測が当たればお金が増える」という、それだけです。そこにあるのはシンプルな「予測が当たるかどうか」という「賭け」です。

 

 経済の本質はギャンブルではなくモノ作りなので、株価が上がっただけでは「経済が良くなった」とは言えません。

 

 キャピタル・ゲインを目的に株が買われ、株価が上がったというだけでは、馬券の売り上げが増大したということと、それほど変わりがないと思うのです。

 

 つまりは世の中に、ギャンブル的なお金の動きが増大したというだけです。dollar

 

 でも、それでも株を持っている人たちはうれしくて、1票を投じるだろうと思います。

 

 平和を望みながら一方で、憲法改正を進めてゆくと思います。

 

 そういう世の中の状況を、「神様に祈れば、なんとかしてくれる」などとは思いません。

 

 人間の世界のことは、人間の選択によってなされるべきことだと思います。

 

 でも、それでも私は祈らずにはいられない気持ちになりました。

 

 憲法が改正されていく、これからの時代を耐えるためにです。

 

 自分の心を守るためです。

 

 神様に「どうこうして下さい」という祈りではありません。

 

 憲法のことも、原発のことも、資本主義のことも、心の遠くに追いやって、ただただ「世界人類が平和でありますように」と、慣れ親しんできた祈りの中に心を置きたくなりました。

 

 世界に暗さを見る時こそ、心にはたくさんの光が必要だからです。shine

 

 

*憲法改正の内容については、こちらのサイトを参考にしました。タイトルはちょっと過激?ですが、自民党草案の気になるポイントがわかりやすく説明されてあると思います。

http://diamond.jp/articles/-/38106

 

*こちらのサイトは、96条改正の意外な盲点についても触れています。意外と知られていないことではないでしょうか?

http://diamond.jp/articles/-/38939

 

|

« ただ今休学中です。(2) | トップページ | 経済学の歴史の本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/57818052

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改正を前にして:

« ただ今休学中です。(2) | トップページ | 経済学の歴史の本 »