« 子どものための楽しい簿記の本があれば | トップページ | 納税者のプライド »

手伝ってもらいました。



 ちょっと必要があって、ある人に簿記を教えています。

 ひととおり仕訳を経験してもらい、とりあえず会計ソフトの力を借りれば、ある程度の伝票作成ができるぐらいまでは、わかってもらえました。 

 そのあたりで貸借対照表と損益計算書の、簡単な説明をしようと思いました。

 

 ところが私には、上手く説明できる自信がありませんでした。

 

 時間もあまりありませんでした。

 

 そこで私の代わりにある本に手伝ってもらって、短時間で説明してもうことにしました。

 

 それがこの本です。

 「『会計』ってなに?―12歳からはじめる賢い大人になるためのビジネス・レッスン」という本です。


 私が知ってもらいたかったのは、貸借対照表と損益計算書の関係です。

 

 必要な箇所だけを読んでもらい、その後にわかってもらえたかどうかを聞いてみたら、「なんとなくわかったflair」ということでした。

 

 今はまだ「なんとなく」で十分なので、うまく手伝ってもらえました。

shine(*^^*)shine

|

« 子どものための楽しい簿記の本があれば | トップページ | 納税者のプライド »

コメント

いつもどうもです。

投稿: 友岡賛 | 2014年6月23日 (月) 08時17分

友岡賛先生

お忙しい中、コメントをありがとうございます。

こちらこそ、記事のタイトルどおり、こちらのご本に手伝っていただけて(?)助かりました。book

shineありがとうございました。shine

(^^)

投稿: みほれみ | 2014年6月23日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/59850429

この記事へのトラックバック一覧です: 手伝ってもらいました。:

« 子どものための楽しい簿記の本があれば | トップページ | 納税者のプライド »