« 心と収入と足場の話 | トップページ | 本 : 「経営はだれのものか」 (加護野忠男著) »

本 : 「日本経済を壊す会計の呪縛」(大畑伊知郎著)

 手にとった時は、ちょっと地味な印象の本でした。

 

 会計の本なので、内容もちょっと地味だと思います。

 

 ところが読んでみると意外と読みやすく、そしておもしろい本でした。

 「会計基準」という、世の中の一部の人たちしか知らないようなルールの変更が、日本経済に大きな影響を与えたとする筆者の主張は、本を読む前はあまり実感がわきません。

 

 ところが読んでみると、大いに納得ができるのです。

 

 会計基準が変わり、そのために企業の財務諸表の見栄えが変わってしまい、その結果、企業の経営者はルール変更後の財務諸表の見栄えが良くなるように、その行動を変えざるを得なくなった。

 
そのために増えてきたリストラ、百貨店の閉店、ブラック企業の増加など。

 

 たしかに日本中の企業でこのような変化が起こっていたならば、それは日本の経済に影響を与えることでしょう。

 

 「デフレ不況の一因が、こんなにも地味な出来事に?!」と、そうした意外性による驚きがおもしろく、興味を惹かれる本でした。thunder

 

 時価会計、税効果会計、減損会計など、簿記の知識を増やしたい人にも、おもしろい本だと思います。

|

« 心と収入と足場の話 | トップページ | 本 : 「経営はだれのものか」 (加護野忠男著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/59806004

この記事へのトラックバック一覧です: 本 : 「日本経済を壊す会計の呪縛」(大畑伊知郎著):

« 心と収入と足場の話 | トップページ | 本 : 「経営はだれのものか」 (加護野忠男著) »