« 大赤字! | トップページ | 職場の楽しみ方 »

最高に自分に合っていた職場

 大好きだった職場での勤務が終わってしまいました。

 

 今はもう、新しい場所で働いています。

 

 あまりにも好きだった職場を去って思うのは、「自分はもう一生ここ以上に、心から好きだと思える職場には、出会えないだろう」ということです。

 

 「そんなに、言い切ってしまっていいのだろうか?」と、考えることもなくはないのですが、やっぱり「たぶん、ない」と思います。

 

 そして、「それでいい」とも思っている。

 

 おかしな気持ちです。

 

 まるで、心のどこかが満たされてしまったかのような。shine

 

 私はこれからもいくつかの職場で働いていくのかも知れませんが、そのどの職場にも、それほどの期待を持ち過ぎることはないでしょう。

 

 それらの職場は、私にとって安全にお金を稼がせてくれる職場であれば十分だからです。

 

 「自分の勤め先を好きになってみたかった」。shine

 

心の中に眠っていた、そのようなひそかな願いは、ここでもうすっかり叶ってしまったから。

 

 本当に好きだった…。shine

 

 「何が?」と聞かれても、答えにくいところもあるけれど。

 

 立地も業種も、自分が担当する仕事も好きだったけれど、それでもとりわけ大好きだったのは、職場の人たちの人の良さ、です。heart

 

 毎日職場に行くことが楽しかった。sun

 

 「満たされてしまうと、もう求めない」。

 

 そういう気持ちをはじめて知りました。

 少し大げさかもしれませんが…。

 あまりにも愛していた伴侶を失うと、その後はもう再婚をしようとも思わない。shine

 

 そういう人たちの気持ちも、なんとなくわかるという気さえしてきます。

 

 もうその人以上との素晴らしい関係は、この世に存在しないということがわかるから。

 

 どうして、そんなことがわかるのか、理由はわかりません。

 
だけどどうしてか、心はちゃんとわかっているのです。shine

|

« 大赤字! | トップページ | 職場の楽しみ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/60114785

この記事へのトラックバック一覧です: 最高に自分に合っていた職場:

« 大赤字! | トップページ | 職場の楽しみ方 »