« 法律なんか、道具でしかない | トップページ | 集中が解けて… »

言葉の使い方と、差別、偏見について

 ひとつ前に書いた「チョコレートドーナツ」という映画の記事で、後になってから、自分の言葉の使い方が気になった部分がありました。

 

 映画の中でルディとポールは、「ゲイであるから、マルコの監護権は認められない」という見方にさらされるのですが、この見方への反論として私は、

 

 「ルディとポールはゲイのカップルであっても、(マルコの良い親になれる)」という書き方をしました。

 

 でも後になってから、「この場合は、(小さな違いかも知れませんが)『ゲイのカップルであるとしても』という表現の方が、自分の心に近いのかな?」と思いました。

 

 どちらも、たいして差はないかもしれません。

 

 でも「ゲイのカップルであっても」と書いてしまうと、まるで私も「ゲイのカップルであるということは、良くないことだ」と思っているような表現になりそうな気がします。

 

 そうは書きたくない。

 

 だから「『ゲイのカップルではあるとしても』、という言葉の方がいいのかな?」と、思ったのです。

 

 それでもやはり、私が「ふたりがゲイ(のカップル)であるということを、悪いことだと思っている」と思われてしまうかもしれません。

 

でも「ふたりがゲイである」ということは、映画の中でも本当のことです。

 

それ以上、言葉を変えていくことは、今度は表現が難しい…。

 
「ゲイではあるとしても」とういう言葉に変えれば、それは「ただの事実である。(私はべつに、それを悪いとも、悪くないとも思っていないけれど。)」という感じに近くなるかもしれないと思いました。

 

本当は「ゲイである」という、そのことに視点をあてたそのことそのものが、そもそも「差を意識している」ということではあるのです。

 

ただ、そこにもちょっと階層があるような気がします。

 

たとえば「実際に差があるから、それを言葉にしただけ」という場合と、「実際に差があって、その差を意識すること自体が、そもそも失礼なことである」という場合があると思います。

 

たとえば、男性と女性は明らかに違います。

 

でもそこに「女性であるから、男性よりも劣っている」という考え方が根底にあって、その上で、会話の中で「あなたは女性だ」ということを意識化させたら、それは会話の中でそのことを言葉にしたこと自体が、女性に対して失礼だということになると思います。

 

言われた方は、「今は、そのことは関係ないじゃないか? どうしてそのことを、この場面で言うんだ?」と思います。

 
でも「男性と女性で違いはあるけれど、どちらもまったく対等だ」とされている場面で、そのことを言われても、べつに問題にはならないと思います。

 

そんなことを考えているうちに、「差別、偏見って、何だろう?」と思うようになりました。

 

「チョコレートドーナツ」の映画から考えてみたのですが、

 

「だれそれは○○だから、△△に違いない」という、決めつけが「偏見」ではないかと思いました。

 
映画で言えば、「ふたりはゲイだから、マルコに性的な悪影響を与えているに違いない」という決めつけです。

 

(この場合は、「マルコが嫌がるようなこと」と、少し無理をして話をまとめてみます。)

 

ふたりがゲイであることは本当ですが、マルコに性的な悪影響を与えているかどうかは、別の問題です。

 

「だれそれは○○である」という言葉の前半と、だから「△△に違いない」という言葉の後半は、別の問題なのです。

 

 それなのにそこを事実もたしかめずに、「○○だから」という思考で決めつけてしまうこと。

 

 それが「偏見」なのだと思いました。

 そして差別というのは、「○○だから、□□はさせない」という、行動に対する不当な制限のことだと思います。

 

 たとえば「ふたりはゲイだから、マルコの監護権は認められない」という、制限です。

 

 ここには、ふたりがマルコの監護権を得ることについて、その適性があるかどうかを考えようともせずに、「はじめからだめだ。(たとえ適性があっても、だめだ! その理由は、ふたりがゲイだからだ!)」という、考え方です。

 

 「チョコレートドーナツ」という映画はとても良い映画だったので、見てからずいぶんたつのに、いまだにその印象が忘れられません。shine

 

 だから、少々変わった関係だとしても、ポールとルディとマルコの幸せをかばってあげたくて、いつまでもいろいろ考えてしまいます。heart

|

« 法律なんか、道具でしかない | トップページ | 集中が解けて… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/60306666

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の使い方と、差別、偏見について:

« 法律なんか、道具でしかない | トップページ | 集中が解けて… »