« もう、愛せない | トップページ | 外国に住みたい(2) »

実体経済の回転速度

 昨年のある日、社会人大学での、経済学の授業の時の話です。

 

 その時の話題も、すでに日銀の金融緩和でした。

 

 先生の雰囲気が良かったので、学生も発言がしやすい授業でした。

 

 この金融緩和については、私ははじめから、ある考えを持っていました。

 

 それは「金融緩和をしても、そのお金が実体経済(実物経済)に入らなければ意味がない。そこを決めるのは、緩和されたお金を受け取る市中銀行なのだから、市中銀行がマネー経済ではなく、実体経済にお金を融資するように『させなければいけない」というものでした。

 

 私は、銀行が利益を優先するために、実体経済への融資よりも、意図的にマネー経済を選択するのではないかと思っていたのです。

 

 それでその時も、そうした自分の考えを発言していたのですが、なんとなく先生や、周囲の人の様子に違和感がありました。

 

 どうして?と思ったので、自分の意見はいったんオフにして、先生やほかの人の発信に意識を向けました。

 

 すると、私が思っていたのは違う状況を、ほかの人たちは主張していることがわかりました。

 

 先生やほかの人たちは、私とは違う状況を見ていたのです。

 

 先生も、ほかの学生も言っています。

 

 「地方の銀行では、融資をする先が見つからなくて、銀行にお金が積み増しになっている。銀行が貸したくても、企業がお金を借りようとしないのだ」と。

 

 それで私も、はっとしました。
 

 「実体経済に、お金が入っていかない」という状況があったのです。

 

 そして、気がつきました。

 

 実体経済には、「回転速度」とでも言うべき、流れの「速度」があるのです。

 

 実体経済は、実体のある財やサービスを生産し、交換し、消費をする経済であり、お金がその動きと一緒移動をする経済です。

 

そのため、どうしてもそこには、「速度」というものが現れます。

 

数字だけが動けばいいマネー経済とは違って、実体経済は「実体」が動くからこそ、速度が生まれてしまうのです。

 

*ここで言う「実体経済」、「マネー経済」につきましては、「私の経済観」というカテゴリーの記事に記してあります。ご参照いただけましたら、幸いです。

 

 マネー経済とは事情が違い、実体経済ではお金が瞬時に、底なしに吸い込まれていくということはあり得ません。

 

 生産された財やサービスが、きちんと売れて、消費にまわっていく速度に合わせた速さでしか、実体経済はお金を吸い込むことができないのです。

 

 この先は私の推測ですが、「企業がお金を借りようとしない」ということは、おそらく生産を拡大しても、売れる見込みがないからではないかと思いました。

 

 とにかく私の、「銀行はマネー経済にお金を使うのではなく、企業にお金を貸すべきだ」という考えは、誤っていたのだと思いました。

 

 そして結局、そうなると…、ですが。

 

 銀行が企業にお金を貸したくても、企業が融資を望まない。

 

 それでは金融緩和を受けても、銀行はお金を貸し出す先が見つからない。sweat01

 

 そうなれば銀行としては、結局マネー経済にお金を投ずるよりほかにないのでは?

 

そうすると金融緩和をした結果、日本全体ではマネー経済だけがどんどん膨らんでしまうのではないでしょうか?bomb

 

そして、その先ですが、もしもそのすっかり大喰らいのカオナシ(「千と千尋の神隠し」をご参照のこと)状態に巨大化しているマネー経済が、大爆発をしたら…?impact

 

(大変!!!)

 

 などと…。

 
昨年まではそう考えていたのですが、ところが今年、ここに来て新たな情報が出てきました。

 

 金融緩和によって世の中に出て行ったお金は、どうやら誰にも借りてもらえなくて、銀行が持っている日銀当座預金の中でお休み中…?

 

ZZZ…。(すやすや…)

 

あれっ?(^^;)sweat01

 

 どちらにしても、実体経済に入って行かれなかったらしいということは、間違いなさそうです。

 

*リンク先は、情報元の内橋克人さんの記事です。最後の「符号」という項目は、私にはまだ、理解ができていないのですが…。 

http://www.kanaloco.jp/article/81378/cms_id/115319

 

|

« もう、愛せない | トップページ | 外国に住みたい(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/60796071

この記事へのトラックバック一覧です: 実体経済の回転速度:

« もう、愛せない | トップページ | 外国に住みたい(2) »