« 「5歳」です♪ | トップページ | 深く生きる »

トンタッタ族に見る「だまされることの責任」

 最近、伊丹万作さんの「戦争責任者の問題」というエッセイの話を、時々耳にするようになりました。

 

 戦前に活躍した映画監督の伊丹万作さんが、敗戦の翌年、1946年に発表したものだそうです。

 

*リンク先、青空文庫に全文が掲載されています。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html

 

 細かい状況については省きますが、そのエッセイの中で主張されている内容を知った時、私は、心がすっきりするのと同時に、凜と引き締まるような気持ちを感じました。

 

 伊丹万作さんは、戦後の日本で多くの人たちが「だまされた」と言っていることについて、次のように書いています。

 

(引用始め)

 

 また、もう一つ別の見方から考えると、いくらだますものがいてもだれ一人だまされるものがなかつたとしたら今度のような戦争は成り立たなかつたにちがいないのである。

 
つまりだますものだけでは戦争は起らない。だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起らないということになると、戦争の責任もまた(たとえ軽重の差はあるにしても)当然両方にあるものと考えるほかはないのである。

 

(中略)

 
「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。

 一度だまされたら、二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ人間が進歩するわけはない。この意味から戦犯者の追求ということもむろん重要ではあるが、それ以上に現在の日本に必要なことは、まず国民全体がだまされたということの意味を本当に理解し、だまされるような脆弱な自分というものを解剖し、分析し、徹底的に自己を改造する努力を始めることである。

 

(引用終わり)

 伊丹万作さんはこのように、戦争が起こってしまった原因を、「だまされた」という言葉で、簡単に片づけてしまおうとする人々に、強い警戒を示しながら、その考え方を戒めているのです。

 

 日本で、これほどの思いで、戦争が起こってしまった原因を考えていた人の存在を、私はまったく知りませんでした。

 

 おそらく本当に、心底、その時の戦争が嫌だったのでしょう。

 

 「もう絶対に、二度とこのような目にはあわされるものか!」という、強い決意を感じます。

 たしかに「だまされた」と言って、すべてを「だました者」の責任にして、ものごとを終わらせてしまう人ならば、おそらくその後も、何度でもだまされてしまうことでしょう。

 「だまされない」ということは、とても難しいことですが、せめて「もう二度と、だまされるものか!」というぐらいの気持ちは持たなければ、未来にもおそらく同様の経験を重ねてしまいます。

 

 「だまされる者の責任」という言葉は、しばらく私の心にのしかかり、その「責任」というものについて、なんとなく気にかけている日々が続きました。

 

 たとえば、だました者については「責任を問う」という発想があります。

 

 でも、だまされた者については、たとえばその「責任を問う」という発想をしたとしても、いったいどうしたらいいのでしょう?

 

 なかなか、思いつくことができませんでした。

 

 ところがこの問題は私なりに、とんでもなく意外なところから、答えを見つけました。

 

 なんと、毎週、見ているアニメの「ONE PIECE」です。

 

 気骨の入った伊丹万作さんの言葉から、いきなり「ONE PIECE」の話に移るのは、話が軽すぎると笑われてしまうかも知れません。

 

 でも、考え方としては、けっこう、まともな発想ではないかと思うのです。

 

 「ONE PIECE」の物語では、この数か月、トンタッタ族という、可愛い姿をした小人の一族が悪者と戦っています。

 

 トンタッタ族は心が良く、頭も良くて、戦闘能力も勇気も優れている小人族なのですが、とにかく「だまされやすい!」のです。sign01

 悪者たちのあり得ないようなウソにも、コロリ!とだまされてしまいます。

 

 なにしろ悪者たちもあきれてしまうほどにまで、だまされやすい…。sweat01

 

 昨日の放送でも、2回も連続で、それもほとんど反射的(?)ともいえるほどのスピードで、あっという間にだまされていました。sweat02

 

 そのためなのか、トンタッタ族には苦難の歴史が多いようで、その時も大勢の仲間が、奴隷のようにこき使われているという状況です。

 

 そして、見ていた私は思ったのですが、結局「だまされることの責任」は、「苦難」という形でだまされた人々が「とらされる」のだと思うのです。thunder

 

 苦難が嫌ならば、「だまされない」ように徹底的に気をつけて、自らの行動を選択するしかありません。

 

 なにしろ、アニメの中のトンタッタ族ならば、ルフィ達が助けてくれるからいいのですが、現実の世界では、助けてくれるヒーローはいないのですから。

|

« 「5歳」です♪ | トップページ | 深く生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/60746697

この記事へのトラックバック一覧です: トンタッタ族に見る「だまされることの責任」:

« 「5歳」です♪ | トップページ | 深く生きる »