« 「言葉が、あまりきれいでない社会」に生まれてくる子ども | トップページ | 晴れた日の道路と、流れゆく祈り »

社会問題とのつきあい方(War Is Over)

 「暗いことには、関心を持ってはいけない」。

 

 宗教の会員であった頃、よくそう言われていました。

 

 それは、ある面では本当のことだと思います。

 

 でも私は、世の中のいろいろな問題から、目をそらすということが、できませんでした。

 

 それに宗教の教えも、時によっては誤っていたのだということも、感じるようになりました。

 

 私の心の回復は、自分の中の暗さと向き合うことから、始まったのです。shine

 あのまま私が、自分の中の暗さから目をそらしていたら、今の私はいなかった。

 

 いつまでも苦しいままで、いたことでしょう。

 

 暗さに目を向けていくことで、そこから解決の道が開かれることもまた、あるのです。shine
 

 でもこのところ、社会問題に関心を持ち過ぎて、自分が個人的に暗くなってしまうという失敗を、私が繰り返していたことも事実です。

 

 社会問題に関心を持ってしまうと、自分の心が暗くなってしまう。

 

 そのことは、自分を温かな幸せから遠ざけてしまいます。

 

 それならば、心を向けなければいい…。

 

 するとその途端、自分の中に大きな悲しみが押し寄せてきます。

 

 世の中のどこかで起こっている、どこか遠くの辛い出来事も、どこかで自分の心の一部である。shine

 

 そうしたことを、感じさせられてしまいます。

 切り離すことは、できない。

 

 でも自分の軸を、手放してはいけない。shine

 

 そうした「明るさと暗さのバランス」という問題は、この数か月、私を悩ませていました。

 

 でもクリスマスを前にしてようやく私も、そうしたこともまた、自分のたましいのひとつの学びとして、なんとか乗り越えてゆけそうです。xmas

 

 実際に、大きな社会問題に取り組んでいる人たちは、あきれかえるほど明るい人である場合も多いのです。sun

 

 こんなにとんでもないことが山積みの地球なので、深刻になっていては、問題に取り組む元気もなくなってしまうのでしょう。

 

 明るい気持ちを維持すること。shine

 

 悲しみに呑まれず、怒りに引きこまれず、あきらめや絶望は手放して、そういう人たちは自分の心の中の宝物を見つめながら、その活動を続けていくのだと思います。shine

 

 地球は、平和になるのでしょうか?

 

 私の場合は、「地球の資本主義は、いつかはちゃんと終わるかな?」、ですが…。(笑)

 資本主義が終わった後のビジョンは私の中にあり、そこにはいつでも光があります。shine

 

 あとは私が、目の前の出来事を見つめ過ぎず、自分の中の光を見つめて行くだけです。

 

 気がつけば、ほんのちょっと、心の視線の向けどころを変えていくだけの話でした。

 

 いつか、ある人から聞いた話です。

 

 「ジョン・レノンが暗殺されてしまったのは、彼が『イマジン』を歌ったからだ」と言うのです。

 もしも世界中のたくさんの人が本当に、平和な世界をイメージしてしまったら、そのイメージは必ず現実になってしまうから…。shine

 

 だから、それを望まない人たちによって、彼は暗殺されたのだと。

 

 もちろん私は、その話を本当だとは思っていませんが…。

 

 でも、平和な世界をイメージするのは、楽しいことだと思います。shine

 

 ベルリンの壁が崩壊した時のように、人間がひとつの大きな課題を乗り越えていく場面は、本当に壮大で素晴らしいと思います。

 

地球上にこれからも、そうした素晴らしい場面が現れますように!shine

 

クリスマスが近いせいか、ついついいつもより、そんな気持ちです。

 

shine*^ ^*shine

 

 それにしても、ジョン・レノンはすごいと思います。

 

誰にでも親しめそうな歌なのに、そのまま「祈り」なのですね。shine

 

地球上のすべての生命のために、愛が呼び起こされていくようです。

 

リンク先は、どちらも「Happy Xmas (War Is Over)」です。

 

映像は辛いものですが、いつか人間はそこを乗り越えていけるのだと、信じていたいです。

 

*映像が辛いので、心が暗くなってしまいそうな方は、後のリンクの方が良いと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=yN4Uu0OlmTg

 

*こちらは映像なしで、歌詞だけのサイトです。

https://www.youtube.com/watch?v=oXaLu7bvke8

 

*なんと、日本語でも?!

私はこのヴァージョンも、なんだか好きです♪

shine*^^*shine

https://www.youtube.com/watch?v=vEVhFuVuuWo

|

« 「言葉が、あまりきれいでない社会」に生まれてくる子ども | トップページ | 晴れた日の道路と、流れゆく祈り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/60840755

この記事へのトラックバック一覧です: 社会問題とのつきあい方(War Is Over):

« 「言葉が、あまりきれいでない社会」に生まれてくる子ども | トップページ | 晴れた日の道路と、流れゆく祈り »