« あけましておめでとうございます。 | トップページ | マルクスと複式簿記と労働力♪ »

私をもっと、裏切って!♪(^ ^)♪

 今年の最初の記事から、実におかしなタイトルです。sweat01

 

 「私をもっと、裏切って!」って、決して恋愛とか、そういう話ではありません…。

 

heart(^^;)heartheart

 

 本です。本!shine

 

 暮れから読み続けている「バランスシートで読みとく世界経済史」です。

 

 ようやく第7章まで来ましたが、予想を裏切られっぱなしで、とてもおもしろい!shine

 

ちなみに、暮れに私がこの本を買わなかった理由ですが、それは予算の問題だけでなく、「後半の予測がつかない」という事情もありました。

 

前半のパチョーリの部分が、あまりに素晴らし過ぎたのです。shine

 

著者の筆致による、ルネッサンス期の雰囲気が素晴らし過ぎ!shine

 

それで私としてはどう考えても、著者が一番得意とする世界は、おそらくパチョーリの時代だと思いました。

 

ところが複式簿記の発展は、この後イタリアを離れて、ネーデルラントやイギリスに舞台が移ります。

 

私の予測では、おそらくもっと浅い記述になってしまう…と、思いました。

 

さらにはこの本の終わりとなる、第10章の章タイトルは、「会計は地球を救えるか」です。

 

これではいくら夢と妄想が大好きな私でも、思わず「それはないでしょう…?」と、言いたくなってしまいます。(笑)

 

そうした事情もあったので、私としては、「この本はどっちみち買うけれど、いちおう最後まで目をとおして、私の嫌いな主張になっていないかどうかを、確かめてからにしよう♪」という、大変疑い深い気持ちで、買うのを後回しにしたのでした。book

 

(ちなみに私の嫌いな主張というのは、小学校の道徳の教科書的な主張です。笑)

 

でも、おもしろいことに、本日(6日)現在、第8章手前ですが、予想は良い感じで裏切られ続けてきています。heart

 

話題がイタリアを離れてからも、とてもおもしろい!shine

 

パチョーリの時代には、シンプルな商業簿記だった複式簿記は、だんだんと現在のような形に発展していきます。

 

とくに産業革命時代、複式簿記が原材料と労働力を意識し始め、工業簿記という形をとり始めるあたりは、私としては感動的です。shine

 
この時、複式簿記は「労働力」という「目に見えない力」についても、はじめてその目を開いたということでしょうか?

 

それまでは、サービス業における帳簿はどうしていたのでしょう?

 

複式簿記は「進化」をしているのです。shine

 

はじめは商人の経営のために、形ある財産を数えるだけだったかも知れませんが、いつの間にかそのままの形で、人間の経済における「生産」という行為を表し始めています。

 

原材料と労働力。shine

 

地球の経済活動において、「生産」を構成している要素は、とりあえずこのふたつだけだと私は観ています。

 

複式簿記はいつの間にか、お金による金額では表しにくい経済の要素についても、気がつき始めていたのです。flair

 

複式簿記はもしかしたら、まだまだ進化の可能性があるのかも知れません。shine

 

最近「人的資源会計」について知ったばかり私は、もしかしたらその壁だって未来には、複式簿記は超えてゆけるかも知れないと、心がときめいてしまいます。

 

いつか未来に、人間の意識の世界に「何か」が起きて、複式簿記だって「人間」という地球上の最も価値ある存在についても、その存在の「写し取り」に成功するかも知れません。thunder

 

それは、まぁ、あまりにも遠過ぎる未来かも知れませんので、今は置いといて…、ではありますが。(笑)

 

とにかくそのような状態で私は、実に気持ち良く予想を裏切られながら、この本を読み進めて来ています。

 

そしてもちろん私は、こういう予想の裏切られ方は、大好きです!!!shine

 

もう、ここまできたらこの先も、「もっともっと!shine」予想を裏切ってほしくて、たまりません!

 shine♪(^0^)♪shine

 

 というわけで、この記事のタイトルは「私をもっと、裏切って!」です。heart

 

 実に軽率なタイトルですが…、今の私の正直な気持ちです♪

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | マルクスと複式簿記と労働力♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/60933943

この記事へのトラックバック一覧です: 私をもっと、裏切って!♪(^ ^)♪:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | マルクスと複式簿記と労働力♪ »