« 木っ端仏(こっぱぶつ)に思う、経済のあるべき姿 | トップページ | 企業の中の「見えない資産」(人的資産) »

本 : 「すべての経済はバブルに通じる」(小幡績著)


 一昨年の5月頃に読んだ本です。

 

私は、マネー経済に関する本は、あまり好きではありません。

 

でも、この本は、いろいろな意味でとてもおもしろかったです。

 

 私にとっては、マネー経済について、こんなに気持ちよく理解させてもらえた本は、はじめてでした。

 

 繰り返し書きますが、私はマネー経済というものは、「何も生産していない経済」なので、嫌いです。sign01

 

 でもこの本は、おもしろかったですし、途中で気持ち良く笑わせてくれたので、好きです♪

 

 何よりも、著者のマネー経済に対する、「正直な見方」が、気持ちが良かったと思います。shine

 

horse*^^*dollar

|

« 木っ端仏(こっぱぶつ)に思う、経済のあるべき姿 | トップページ | 企業の中の「見えない資産」(人的資産) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/61358668

この記事へのトラックバック一覧です: 本 : 「すべての経済はバブルに通じる」(小幡績著):

« 木っ端仏(こっぱぶつ)に思う、経済のあるべき姿 | トップページ | 企業の中の「見えない資産」(人的資産) »