« 正義は資本に勝てるのか?(枯葉剤裁判の行方を思う) | トップページ | みほれみブレンド?(企業の資金調達に関して) »

本 : 「リストラなしの『年輪経営』」(塚越寛著)



 久しぶりに、読み返しています。

 経営の本ですが、単なる読み物としても、とても気持ちの良い本です。book

 

 塚越会長のビジョンは、経営に興味がない人にとっても、健康的な希望を心に与えてくれます。shine

 

 伊那食品工業株式会社の最大の強みは、「株式上場をしない」いう点にあると思います。sign01

 株式上場をしないことによって、市場から大量の資金を集めるということは、できなくなったかも知れません。

 

 それは同時に、大量の資金を必要とする事業には、進出できなくなったということです。

 

 でもその代わり、経営者は「株主の顔色を見なくてもいい経営」が、できるのです。shine

 

 経営者が心にビジョンする経営を、経営者の責任で堂々と実行できるのです。shine

 

 その結果、着々と実現されていく「塚越ワールド」が、次々と世の中から注目されるほどの、素晴らしいものであれば?

notenotenote

 

 「超カッコいい!」と、何回読んでも思います。

 (↑言葉が軽薄でスミマセン。)

 

sun*^^*sun

|

« 正義は資本に勝てるのか?(枯葉剤裁判の行方を思う) | トップページ | みほれみブレンド?(企業の資金調達に関して) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/61680900

この記事へのトラックバック一覧です: 本 : 「リストラなしの『年輪経営』」(塚越寛著):

« 正義は資本に勝てるのか?(枯葉剤裁判の行方を思う) | トップページ | みほれみブレンド?(企業の資金調達に関して) »