« 「労働力」というのは、「ものごとの状態を変化させる力」のこと | トップページ | 「天竜人(てんりゅうびと)」は平気でうそをつく »

経営者は、「労働力」の使い方を決められる

 非正規雇用の立場ですが、ときどき、経営という行為について、考えます。

 

 経営というのは、賃金という形で買っている従業員の「労働力」を、どのように使うかを決めることだと思います。shine

 
(もちろんこれは、経営という行為の要素のひとつにすぎませんが。)

 良い経営者という人たちは、自分が経営している会社の中の労働力を、できるだけ無駄なく、効率よく、自社の生産に使います。

 そうすると、その企業は、同じ仕事をしている他社と同じだけの労働力であっても、そのパフォーマンスにおいて、他社とは差がつくはずです。

 その反対に、あまり良くない経営者という人たちは、自社の中の労働力というものを、たいして意味のない仕事に使ったり、自分個人の満足のために使ったりして、無駄にします。

 
せっかくお金を払って買っている労働力なのに、それを生産力のアップに使えない、ということです。

 労働力の無駄使いが多くても、労働力の単価を安くすることで、利益を出せる場合もあるとは思いますが、そういう経営者はだいたい、陰で従業員から嫌われています。

 本当に良い経営者という人は、自社の中の労働力を、無駄にはしません。

 だから、あまり、どうでもいいことには、労働力を使いません。

 つまり従業員に、どうでもいいような仕事は、させないということです。

 従業員にやらせる仕事は、きちんと選びます。

 経営に対して、効果のありそうな仕事だけを選んで、やらせているはずです。shine

|

« 「労働力」というのは、「ものごとの状態を変化させる力」のこと | トップページ | 「天竜人(てんりゅうびと)」は平気でうそをつく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/62275293

この記事へのトラックバック一覧です: 経営者は、「労働力」の使い方を決められる:

« 「労働力」というのは、「ものごとの状態を変化させる力」のこと | トップページ | 「天竜人(てんりゅうびと)」は平気でうそをつく »