« 企業における労働力という資源の活用と、仕事の深さの選択について | トップページ | 「あさが来た」を見ながら、経済のお勉強♪ »

仕事のこと

 年齢を考えると今さらなのですが、今年の夏頃になってようやく、子どもの頃からの心の不調が治ってきました。

 

 トラウマ・ボンドという、もっとも私が恐れていた状態が起こらなくなり、その後、紆余曲折はありながらも、だんだん普通の人らしい心になってきたと思います。

 

 やれやれ…。これでもうだいじょうぶ♪

 

 と、ほっとしていたいところですが、そうはいきませんでした。

 

 ようやく「治った!、もうだいじょうぶ!」と気がついたものの、年齢はすでに50歳を超えています。

 

 それなのに、仕事が…。

 

 全然、仕事が落ち着きません。

 

 自分の履歴書を見ると、それはもう大変な有り様です。sweat01

 

 正直に言うと今までは、「仕事などとにかくもう、なんでもいい!」とでもいうような状態で、好きとか嫌いとか考える余裕もありませんでした。

 

 そのために、まるで沈みそうな筏(いかだ)を、ばしゃばしゃ渡り歩くようにして、とりあえずの仕事をつないできています。

 

 でも今はとりあえず一番恐れていた状態からは解放され、この先はまるで浜辺に佇む浦島太郎のような感じ?

 

 これから、長く働ける仕事に「たどりつかなくては」いけません。

 そのためには、少しでも自分の性質に合っている仕事を選択しなくてはいけません。

 

 そういうわけで、本当に今さらなのですが、「自分に合っている仕事って、果たして何なのだろう?」と、とても真剣に考えています。

 

 もちろんこんなこと、生まれてはじめてです…。

 

 かなりコワイ話ですが、本当の話です。sweat01

|

« 企業における労働力という資源の活用と、仕事の深さの選択について | トップページ | 「あさが来た」を見ながら、経済のお勉強♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/62738601

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事のこと:

« 企業における労働力という資源の活用と、仕事の深さの選択について | トップページ | 「あさが来た」を見ながら、経済のお勉強♪ »