« COP21と資本主義 | トップページ | 「あさが来た」の世界で、あまりに新し過ぎるもの(^0^) »

「あさが来た」の時代考証の宮本又郎さん?

 NHKの朝ドラの「あさが来た」を見ていたら、ふと、あることに気がつきました。tv

 

 テロップの時代考証の担当として、宮本又郎さんというお名前が出ているのです。

 

 そこで思い出したのですが、たしか以前に放送大学で日本経済史を履修した時の、テキストの先生のお名前が宮本又郎先生だったような…。(!)

 

 日本経済史。

 

 科目として、とてもおもしろかったことを記憶しています。shine

 そして、ドラマの「あさが来た」の時代背景も、とてもおもしろい。shine

 ビールが出てきたり、政府紙幣が出てきたり、大福帳という昔の帳簿が出てきたり。

 

 とにかく興味をひかれる小道具がたくさん出てきます。

 

 ネットでお名前を調べてみたところ、やはり放送大学客員教授の宮本又郎先生でした。

 

 複式簿記が導入され、株式会社の制度も入ってきて、日本の経済の仕組みが大きく変わった明治時代。

 

西洋の資本主義が日本に入ってきた時代です!(←と、私は考えています。)

 

 私としては、本当に興味をひかれる時代です。

shine*^^*shine

 

*リンク先は宮本又郎先生が館長を務めておいでの「大阪企業家ミュージアム」のサイトです。

http://www.osaka.cci.or.jp/museum/blog/2015/09/post-362.html

 

 

|

« COP21と資本主義 | トップページ | 「あさが来た」の世界で、あまりに新し過ぎるもの(^0^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/62907997

この記事へのトラックバック一覧です: 「あさが来た」の時代考証の宮本又郎さん?:

« COP21と資本主義 | トップページ | 「あさが来た」の世界で、あまりに新し過ぎるもの(^0^) »