« スマート企業には2種類ある? | トップページ | 政治家を選ぶということは、数年後の自分の経済状況を選ぶこと »

春闘における味の素(株)の決断

 味の素株式会社が、社員の所定労働時間を2017年度から1日あたり20分短縮するそうです。

 基本給は変わらないとのこと。

 社員の労働力を買う時の単価が、1時間あたりについて上昇したことになります。shine

 ちょうど「時短経営」について考えていたところなので、とてもおもしろい決断だと思いました。

 

 どういう社風の企業であり、どのような発想と経緯でこの決断に至ったのか?

 

 興味が湧きました。

 

♪(*^^*)♪

*リンク先は日経新聞の記事です。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08HX8_Y6A300C1000000/

 

 

|

« スマート企業には2種類ある? | トップページ | 政治家を選ぶということは、数年後の自分の経済状況を選ぶこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/63328200

この記事へのトラックバック一覧です: 春闘における味の素(株)の決断:

« スマート企業には2種類ある? | トップページ | 政治家を選ぶということは、数年後の自分の経済状況を選ぶこと »