« お金という「債権」を、どうやって手に入れるか? | トップページ | 地球人のギャンブル感覚がよくわかりません…。(2.競馬と株) »

地球人のギャンブル感覚がよくわかりません…。

 バドミントンの選手が違法カジノ店で賭博をしていたことが発覚したために、リオ五輪に出場できなくなったと騒がれています。thunder

 

 先日、テレビを見ていたら、いろいろな人たちが「悪いと思う」と言っていました。tv

 

 見ていた私としては、少々不思議な気持ちです。

 

 今日(11日)現在では、その後のいろいろな報道も出てきて、出来事全体の印象も変わりつつあるところなのですが、はじめの頃にニュースを聞いた時の私の気持ちとしては、なんとなく選手たちが気の毒にさえ思えました。

 

正直に言いますと、彼らがしたことは、たしかに違法なことであるのですが、それにしても「それほどまで厳しい社会的制裁を受けなくていけないほどの、悪いことなのだろうか?」という気持ちもするのです。

 

 それで、彼らの行動のどの部分が、それほどの非難にさらされるほどのことだったのかと、私なりにちょっと考えてみました。

 

 ひとつの考え方としては、おそらく彼らが「違法カジノ店で賭博をしていた」ということが、悪いということなのではないかと思います。ng

 

 ということは、もしも彼らが「合法なカジノ店(そういうお店が日本にあるのかどうかはさておいて)で賭博をしていた」のであれば、それはべつに「悪いこと」でもなかった、ということです。sun

 

 ということになると、彼らはたまたま「日本の違法なカジノ店で賭博をしてしまったから(日本には合法なカジノ店はないようです。)悪かった」ということで、海外の合法なカジノ店でやっていればだいじょうぶだったのに、ちょっと不注意だったね…、ということです。

 

(まぁ、どちらにしても、違法であることは、たしかに悪いことであるのですが。)

 

 その次に私が考えたのは、「違法であろうが、合法であろうが、スポーツ選手が賭け事をするということがいけない」という考え方なのかもしれないと思いました。thunder

 

 違法か合法かに関わらず、「賭け事は、道徳的に良くない」という話です。

 

 でもこの考え方は、「なりすまし地球人」である私としては、とても理解がし難い考え方でした。sign02

 

 なぜかと言うと、地球では株の売買を含めた「投機的取引」というものは、経済活動の一部として認められているぐらいに、社会に肯定されていることだからです。

 

 「カジノで賭け事をするのはいけなくて、金融市場で賭け事をするのはかまわない?」。

 

 つまり「賭け事」がいけないのではなくて、場所がカジノなのか、金融市場なのかという場所の問題でしょうか?sign02

 こうなってくると、なりすまし地球人である私にしてみると、「どっちも賭け事に変わりがないじゃない?」と、違いがさっぱりわかりません。

 

 だいたい私には、「ギャンブルがいけない」という考え方自体も、そもそもあまりよくわからないところもあるのですが…。

 

 本人が自覚を持ってギャンブルをしているのであれば、大儲けをしようが、生活が破綻しようが、それこそ自己責任です。

 

 人に迷惑をかけるということでもなく、自分の責任で損失も引き受けるのであれば、ギャンブルのどこがいけないの?

 なんにしても、バドミントン選手に関する騒動を見ながら、「地球人のギャンブル感覚は、よくわからない」と、つくづく考えてしまいました。sweat01

|

« お金という「債権」を、どうやって手に入れるか? | トップページ | 地球人のギャンブル感覚がよくわかりません…。(2.競馬と株) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/63473567

この記事へのトラックバック一覧です: 地球人のギャンブル感覚がよくわかりません…。:

« お金という「債権」を、どうやって手に入れるか? | トップページ | 地球人のギャンブル感覚がよくわかりません…。(2.競馬と株) »