« 地球人のギャンブル感覚がよくわかりません…。(2.競馬と株) | トップページ | 久々に読んだ経済の本 »

パナマ文書(合法だけど、良くないこと)

 テレビを見ていたら、パナマ文書のことが放送されていました。tv

 

 出演されていた大学の先生によると、行われていたことそのものは、法律の上では、違法とは言えないのだそうです。

 

 でもやはり、一国の首相が自分の国に納めるべき税金を逃れようとしていたというのは、どう考えても「良くないこと」、だとされるでしょう。

 

 国民が怒るのは、当然です。impact

 

(ただし、怒るほどの意識のある国民ならば、の話ですが…。sweat02

 

それはさておき、この問題は、人間の世界のちょっとおもしろい状況を表に出しているように思います。

 

 つまり、法律で容認されている範囲で行動していても、「良くないこと」は、「できる」ということです。

 これは、法律の方が「良くないこと」を防止できるほどには、賢くできていないということなのかもしれません。

 でもこのあたりは、悪く考えれば、あえて法律を「賢く作らない」という意図をもった上で、法律を作っておく、ということもできそうです。

 

 あるいは、もしかしたら具体的に法律を作ろうとした場合に、どの行動からが「良くないこと」の範囲に入っていくのか、線引きが難しいという事情があるのかもしれません。

 

 このあたりはできれば、法律の専門家の先生に、お話をお聞きしてみたい、というところです。

 

 何にしても、「決められた税金を納める立場にしかなれない者」としては、なんとかして、こんなことはできないような法律を作ってほしいと思います。thunder

 
運用するほどの資産を持たない者には、消費税が8%に上がってからは、本当にいろいろと大変なのですから…。sweat01

 

*リンク先は、私が見ていたNHKの「クロ現プラス」です。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3794/index.html

 

 

|

« 地球人のギャンブル感覚がよくわかりません…。(2.競馬と株) | トップページ | 久々に読んだ経済の本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/63524657

この記事へのトラックバック一覧です: パナマ文書(合法だけど、良くないこと):

« 地球人のギャンブル感覚がよくわかりません…。(2.競馬と株) | トップページ | 久々に読んだ経済の本 »