« 「限界効用逓減の法則」って、本当にあるのですか? | トップページ | 「絶対悪」という概念と平和の祈り »

生きた1票、死なせた1票

 何年か前、ある候補者に投票しました。

 

 その結果に私は満足しています。shine

 その候補者は当選し、その後たしかに国会で、私が望んでいるようなことを、何度も発言してくれました。

 

 発言の結果がどうなったかは、それほど問題ではありません。

 

 私の思いを、政治の場面で発言してくれている、ということに意味があります。

 

 それは私にとって、「代議制民主主義」がたしかに機能している状態だからです。

 

 味方の少ない国会で、その政治家が重要な発言をしてくれるのを見ている時、私は「自分が投じた1票は、たしかに生きたのだ」と感じます。

 

 なぜなら私は、そうした自分の考えや思いを、国会という場で、きちんと投げかけてくれる政治家を望んでいたからです。

 

 私は正しい選択をし、自分の1票を生かしました。shine

 そして、願わくばもっと大勢、少しでも多く、私の考えと近い議員が、国会の中に増えていってほしい!

 

 そう思っていました。

 

そこで、今回の参院選ですが、今回はまた別の、ある候補者に投票しました。

 

 その候補者は、先に話した政治家も後押しをしていた人です。

 

 本当は、ほかにも投票したい人がいたのですが、こちらの候補者の方が当選予想が高かったことと、また、普段私が良いと思っている人たちが複数、応援していたということもあり投票しました。

 

 私自身は一度も、その候補者の演説を聞いていないので、これはまったく人の評判を頼っての選択です。

 

 でも今回、その投票は失敗でした。down

 

 というのは、この候補者は選挙後に、ある言動が話題になったのですが、その言動は私にはとても、受け入れ難いものでした。

 

 そういう言動ができる人物であるということを知っていたら、私はおそらく投票しなかったことでしょう。

 

 選挙後に、その言動を知った時は、「貴重な1票を無駄にしてしまった…」と思いました。

 

 私が投じた1票は、死んだのです。thunder

 

 普通の有権者が選挙という形で政治に参加できる機会というのは、そうしょっちゅうあるわけではありません。

 

 それならば、自分が投じる1票は、少しでも自分の信条に沿っている候補者に投票したいものです。

 

 自分の考えと違っている候補者に投票してしまうということは、貴重な自分の1票を無駄にすることです。

 

 そういう意味では、私には、自分が投票した候補者が当選するか、落選するかは、あまり問題ではないのかもしれません。

 

 自分の価値観と合っていない人に投票してしまった時に、私は自分の1票が「死んだ」と思うのです。

 

 その反対に、自分の投票した候補者が落選したとしても、「私はあなたを支持しました」という表現が、得票数の1票という形ででも表れれば、私は多少であっても満足するのです。shine

 それにしても、今回のこの出来事では、ちょっと考えさせられました。

 

人の評判ではなく、やはり自分の目で見て、自分の耳で聞いて判断しなくてはいけない。

 

 また、いくら推薦者が、自分の考えと合っている人だったとしても、その推薦を鵜呑みにするのではなく、自分の感性であらためて判断をし直さなくてはいけない。

 

 そうしたことを、考えました。

|

« 「限界効用逓減の法則」って、本当にあるのですか? | トップページ | 「絶対悪」という概念と平和の祈り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/63980310

この記事へのトラックバック一覧です: 生きた1票、死なせた1票:

« 「限界効用逓減の法則」って、本当にあるのですか? | トップページ | 「絶対悪」という概念と平和の祈り »