« 王妃という職業に必要な資質とは?(「マリー・アントワネット展」を観て) | トップページ | 訂正追加! »

虫の目スイッチをオンにします♪

 私の中に「虫の目」と「鳥の目」という物事の見方を強く意識させたのは、「この世界の片隅に」という映画を観たことでした。

 

 映画のヒロインであるすずさんは、典型的な虫の目タイプの生き方の人だと思ったのです。

 

 すずさんはいつでも、目の前のことしか考えません。

 

 ただ目の前にある、具体的な生活のことしか、考えないのです。

 

(ちなみに私は、この映画が人気作品であるにも関わらず、あまり好きになれずに帰ってきたのですが、そのお話はまた別の時に、です。)movie

 

 「日本がどうして、こんな戦争をする国になってしまったのだろう?」とか、「ばかなことをして」とか、そのようなことは考えたりしないのです。

 ただ目の前の生活に集中して、生きているという感じです。shine

 そうするとどうやら、日常というのは、その人が生きる時に何かしら、良いことを見つけられるというレベルの生活であるならば、けっこう楽しく生きられるようなのです。

 

 これは、私には大変な驚きとなりました。sign01

 というのは、この映画のすずさんに対して私自身は、大変な「鳥の目」タイプなのだと気づいたからです。

 

 私は、自分の生活はもちろん普通に過ごしますが、その一方で、自分が生きている世の中というものが、どういう状態なのか、どういう変化が起こってるのかなどが、常に気になってしまいます。

 

 社会が平和であるかどうか、人権はきちんと守られているかどうか、国の税金は正しく使われているかどうかなど、自分が生きている社会の状態がいつでも気になってしまうのです。

 

 とくに、その社会を作っている、世の中の感情的な傾向というものは、ひどく気になります。

 

 それは「汚れが気になる」という感じで、人間の心が冷たくなっていないか、暴力的になっていないかなどが気になるのです。shine

 だから、報道というものに、強く関心を持ちます。tv

 

 社会が犯罪や人権侵害に敏感であるのか、ないのかは、まっさきに報道に現われると思っているからです。

 

 ところが映画の中のすずさんという女性は、社会の変化というものにはまったく、関心がなさそうです。

 

 すずさんという女性は、社会が変わればその社会をあっさり受け入れ、あれこれ悩んだり、考えたりということもなく、ただただ毎日の生活を重ねていくのです。

 
ある意味、生きる知恵とでもいうのか、逆に言えば大変なたくましさです。shine

 私はこの映画を観終わった後も、映画とヒロインを好きにはなることはできないと思ったのですが、同時に自分に対しては、大変な反省をしたのでした。

 

 というのは、私はこの数年、テレビのニュースや新聞の報道を見ては、怒りを感じたり、心を痛めたりということが大変多くなり、日本がまだ戦争状態でもないのに、「もうくたくた…」という状態にあるからです。sweat01

 

 国のことでくたびれてしまうなんて、本当に情けないと思うのですが、本当に「もう疲れたから、日本に住むのは嫌だ」と思ってしまうぐらいに疲れました。

 

 そして映画を観たことで、この半年ほど感じていた、奇妙な感覚の原因にようやく気づくことができたのでした。

 

 人間は虫の目で生きていると、世の中に変化が起こっていても、あまり疲れないのです。shine

 現にこの映画を観た後、私も幸い、自分が虫の目になれる環境があると気づいたので、そこでは徹底的な虫の目を目指して時間を過ごすようにしてみました。

 

 その環境というのは、幸い、仕事です。

 

 仕事をしている間は、私も世の中のことなどすっかり忘れて、ただ、ただ目の前の仕事に集中できるのです。

 

 そうすると、家にいてテレビを見ている時のような、疲れる気持ちは感じません。

 

 ただ快活な仕事のリズムに集中し、1日があっという間に過ぎるのです。

 

 私も「虫の目」になれるのです。upwardright

 

 そして、帰宅してしまうと、今度はひとりに戻るので、そうすると思いっきり「鳥の目」に戻ってしまいます。downwardright

 

 そうするとテレビのニュースというものが、このところ大変不安定であるために、一気に疲れてしまいます。

 

 私が完全な虫の目人間になってしまって、ニュースなどまったく見ない人間になれれば、この問題は解決することなのですが、もともとが鳥の目タイプの私には、それはまたそれで、難しいところがあるので困ってしまいます。

 

 もともと私の楽しみは、「人間の善性が表れやすい社会を見ていること」ですから、ニュースも見ない状態になってしまうというのはけっこう辛いのです。

 

 なにはともあれそんな状態で、現在、鳥の目タイプの私は、今日が土曜日の朝であるにも関わらず、すっかり疲れてしまっています。(…)sweat01

 

 このところ、大阪の国有地の問題が、報道ステーションなどでようやく報道されるようになってほっとしたsun、と思ったら、今度はいきなり、昨日の報道ステーションではまるまる報道されなかったrainので、一気に気味が悪くなってしまいました。

 

前日はかなりの時間を割いて報道していたのに、なぜ?!sign03

 

という感じで、すっかり疲れています…。sweat02

 

 私が虫の目タイプの人間であれば、こんなことは絶対に起こらないはずなのにと、軽い頭痛をこらえながら、今朝はちょっとだけ考えていました。

 

 虫の目タイプの人というのは、目の前を生きることには、おそろしく強いと思うのです。

 

 でもそれは、自分が生きている社会的な環境に注意をはらわないということでもあるので、社会そのものが変化を始めたら、状況次第であっさり生命を失ってしまいます。

 それこそ、赤紙1枚で生命を奪われる社会を、いつの間にか作られてしまうということにもつながることでしょう。

 その反対に鳥の目タイプが強すぎると、今度は社会の変化が激しいストレスになってしまいます。

 

 それでは、目の前を生きる力が弱まってしまいます。

 

 とりあえずは今朝も、私は日本に生きていて、朝から疲れてはいますが、目の前の生活を生きなくてはいけません。

 

 すずさんを見習って、虫の目スイッチをオンにしなくては、と思います。flair

 

 ああ、それにしても!、です。

 

 数年前までの、平和だった日本が、なつかしいです。sun

*いきなり、記事訂正です!(笑)

 報道ステーションは、番組の一番最初に放送をしていたようです。そうですよね。いくらなんでも…。

http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=659/episodeID=1039633/

|

« 王妃という職業に必要な資質とは?(「マリー・アントワネット展」を観て) | トップページ | 訂正追加! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/64937765

この記事へのトラックバック一覧です: 虫の目スイッチをオンにします♪:

« 王妃という職業に必要な資質とは?(「マリー・アントワネット展」を観て) | トップページ | 訂正追加! »