« 日本人は、どうしてデモをしないのですか? | トップページ | マンガ「アルテ」に見るフィレンツェとヴェネツィアと、そのほかのこと »

働きたくなるマンガ、「アルテ」が好きです♪

 最近「アルテ」というマンガを知りました。

 

 表紙の絵にひかれて手にとり、さっと内容に目をとおしてみたら、即、気に入って、ほとんどひと目ぼれの状態で読み始めました。shine

 

 舞台は16世紀の初頭のフィレンツェです。

 

 アルテは、あまり裕福ではない貴族の娘ですが、絵を描くことが好きだったので、画家になりたいと考え、職人の工房に弟子入りを申込みます。

 

 ところがどこに行っても、女だからという理由で、描いた絵さえも見てもらえません。(この当時、工房で働けるのは男性だけだったそうです。)

 

 門前払いの連続ですが、自分の道は自分で開くしかないと、勇気を出して最後の工房の門を叩きます。

 

 女だからという理由で、そのとっかかりさえもつかめないという、あまりにも大きな壁を前にして、でも、そこで負けないのがアルテです。

 

 怒りをエネルギーにして、はじめの壁を打ち破り、そこからは持ち前の明るさで、どんどん道を開いてゆきます。

 

 女の子らしいやわらかさと、男の子のような元気を兼ね備え、世の中に染まらない素直な心で、次々と出会う人を味方に変えていくアルテの姿は爽快です。shine

 

 また、このマンガは、現代にも通じる「働く」ということについて、いろいろな示唆を与えてくれるマンガでもあります。

 

 アルテが依頼主からの依頼を受けて絵を描く時、その絵はいったい誰のために描かれるべきなのか。

 

 絵を描くという行為の中でも、画家の中には様々な思いや状況があるわけですが、その中で画家が一番に考えるべきこととは、何なのか?

 

 アルテは、師であるレオとのやりとりで答えに気がつき、初仕事をやりとげます。art

 

 画家としてのアルテの働き方も素敵ですが、脇役で出て来る人たちの様々な働き方も、魅力的です。

 

 高級娼婦のヴェロニカさん。お針子のダーチャ。途中で出てくるパン焼き職人さんなど。

 

 中でも私が好きなのは、ヴェロニカさんの働き方です。shine

 

 高級娼婦という立場を、私がどの程度理解しているのかもよくわかりませんし、また、その立場を職業としてとらえていいのかもわかりませんが、作中のヴェロニカさんの働き方には、ある種の誇りさえ、感じます。

 

ヴェロニカさんは、自分が職業として人との関わりの中で提供するべき役割を、自分でしっかり、コントロールしています。shine

 
これは、この文章を書いている私自身が、むしろ(はじめの頃の)お針子のダーチャのように、仕事にふりまわされるようにして働いていることもあり、大変な尊敬を感じながら見てしまいます。

 

仕事を自分が動かすのか、それとも仕事に自分が振り回されるのか、これは現代にも通じる、働き方の大きなポイントではないでしょうか?shine

 
このマンガを読んでいると、私はどうしても「働く」ということについて考えたくなり、また「働きたく」なってしまいます。

 

作品の随所に、あまりにも魅力的な働く人の姿が出て来るので、私ももっと、より良い働き方をしたくなってしまうのです。shine

 

「アルテ」は現在、5巻まで読みましたが、5巻からは舞台がヴェネツィアに移って、アルテの新しい生活が始まります。

 

私としては5巻から登場した、強烈な魅力を放つ貴族のお嬢様、カタリーナが可愛くてたまりません。ribbon

 

まだ子どもながらも、どう見ても、絶対に時代には染まりそうもない、はっきりとした個性を感じさせるカタリーナ。thunder


 
この子も、どんな生き方をしていくのか?

 
将来がとても楽しみです。cherryblossom

|

« 日本人は、どうしてデモをしないのですか? | トップページ | マンガ「アルテ」に見るフィレンツェとヴェネツィアと、そのほかのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/65015663

この記事へのトラックバック一覧です: 働きたくなるマンガ、「アルテ」が好きです♪:

« 日本人は、どうしてデモをしないのですか? | トップページ | マンガ「アルテ」に見るフィレンツェとヴェネツィアと、そのほかのこと »