« マンガ「アルテ」に見るフィレンツェとヴェネツィアと、そのほかのこと | トップページ | 「日記(社会と経済に関する日記)」というカテゴリー »

本 : 「ソ連の『社会主義』とは何だったのか」

 以前から読みたかった本でしたが、区の図書館にはなかったので、大学の図書館に行って読みました。book

 

 手に取るまでは、内容が難し過ぎると読めないかもしれないと心配していましたが、意外とそうでもなく、読み始めたらけっこう熱中して読みました。

 

 社会主義国の経済については、とにかく「情報が足りない」と感じます。

 

 ソ連、キューバなど。

 

 その国内では、どのような経済が運営されていたのか?

 

 以前から大変興味がありました。

 

 また、ミヒャエル・エンデが言っていた。

 

 ソ連も資本主義だったという言葉。

 その言葉の意味を、理解したいという気持ちもありました。

 

 この本は、その「国家資本主義」については、ある程度の理解を与えてくれています。shine

 

 それにしても世の中には、社会主義についての情報が、本当に少なかったのだと感じさせられます。

 

読んでいると、驚くことや、また考えさせられる情報が次々と出て来ます。

 

 たとえば、古いところでは、レーニンという人はそれなりに国のことを思って、けっこう一生懸命だったのではないか?とか。

 

(ここは、レーニンという人の人物像をどう捉えるかによって、見方が大きく別れるところであろうとは思いますが。shadow

 

また、世界はスターリンの宣言を信じたから、ソ連は社会主義を実現させたと信じていたのか?!、とか。

 

 でも、スターリンというのは独裁者です。sweat01

 

 独裁者が正直者である、などということは、まずあり得ない話だと思うのですが、世界はどうしてそんな人物の言葉を信じていた???

 

(独裁者なんて、大ウソツキに決まっていると思いますが…。)

 

 ただし、独裁者が統治する社会となってしまった以上、国外からその国の内部の情報を得ることは難しくなってしまったということは、あるかもしれません。

 

 そうなると、「社会主義を実現させた」と言っている言葉を信じるよりほかに、なかったのでしょうか?typhoon

 

 そして、本の中では「これは社会主義と言えるのか?」的な事例が、あれこれ示されます。

 

 例えば労働者には、けっこう職業選択の自由があったとか。(←そうだったの?!)

 

(ほかにもいろいろ、驚いたことはあったのですが、記憶し切れませんでした。)

 

 ソ連の社会主義というのは、本当はどのような社会だったのか?

 

 どんどん興味がわいてきます。shine

 

 時間が限られていたので、あまり丁寧に読むことはできませんでした。

 

 次に行く時には、もう少し読み進めておきたいと思います。

 

 ちなみにこの本は、Amazonのブックレビューでは、あまり良い評価ではないようです。

ソ連の「社会主義」とは何だったのか

  私としては、説明が具体的で、思想に偏り過ぎていないという点で、とてもおもしろい本だと思っています。

shine(^^)shine

|

« マンガ「アルテ」に見るフィレンツェとヴェネツィアと、そのほかのこと | トップページ | 「日記(社会と経済に関する日記)」というカテゴリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/65086886

この記事へのトラックバック一覧です: 本 : 「ソ連の『社会主義』とは何だったのか」:

« マンガ「アルテ」に見るフィレンツェとヴェネツィアと、そのほかのこと | トップページ | 「日記(社会と経済に関する日記)」というカテゴリー »