« 7年前の雑誌ですが…♪ | トップページ | 社会の状態には段階がある?(フィリピンの麻薬問題から) »

NHKスペシャル「戦後ゼロ年 東京ブラックホール」再放送!

 20日の夜に、たまたま見てしまったNHKスペシャル「戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946」。

 

 事前の興味もまったくなく、タイトルからは「なんだかわけのわからない番組」という印象しかなかったのですが、たまたま見てしまったシーンから目が釘付けになってしまいました。

 

 戦後1年の間のいろいろな出来事のフィルムがドラマのように編集されて出て来るのですが、その中に出てきた日本軍の隠匿物資のすごいこと!

 

 東京湾に沈められた大変な量の金塊、それから隠されていた大量の食べ物など。

 

 当時の庶民が生活に必要な金属を提供し、そして家族を戦争で失い、家を焼かれ、飢えで苦しんでいたという時代に、日本軍というのは自分たちのための物資を隠していたのかと、その途端私は一気に怒り心頭!(笑)

 

 そのあまりにも……なふるまいに(←怒りのあまり、形容詞が出てきません。)、もはや目をみはったまま、ただただ見続けてしまいました。

 

 日本軍なんてそんな卑怯な集団のために、日本中のたくさんの平凡な人びとが生命を失ったのかと思うと、もう悔しくて!

 

 ちなみに番組そのものは、いたって穏やかに作られていて、私の中に起こった激しい感情とはまったく無縁な作りだったのですが。(笑)

 

 この番組を見終わった人は、いったいどういう感想を持つのでしょうか。

 

 私は底が抜けるような激しい怒りと、同時に世界が遠のいていくような無力感とを感じてしまいました。

 

 番組内の映像はとにかくすごかったです。

 

 今まで、想像もできなかった戦後の1年間!

 

 知らなかった情報が続々、出てきます。

 

 ついでに戦後の新興宗教についても少しだけ触れていて、つい数年前までそうした宗教の会員だった私としては、そのあたりも大変興味深く見てしまいました。

 

 それにしても戦争をとおして、これほどひどい目に合わされても、それでも同じような政治家を選び続けてきた日本人…。

 

 日本人はいったいどうして戦後も、そういう政治家に拍手をしてきたの?と。

 

 私にはおそらく、日本人の精神構造というものは理解不能だ!と、ショックでした。

 

 「どうしてそこで、怒らないの…?」、と。(←私ならば怒りのあまり、もう2度とそうした人物には、世の中の表舞台での活動など「ゆるさない!」と考えるのですが。)

 

 自分自身もまたひとりの日本人でありながら、実際に戦後の時代を作ってきた「現実の日本人」との間に横たわる、あまりにも深すぎる溝に圧倒された、衝撃的な番組でした。

 

 今夜、22日深夜、24時10分より再放送です。

 

*2017823()午前010分~109分(22日深夜)

 

*予告編動画はこちらで見られます。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170820

 

 

|

« 7年前の雑誌ですが…♪ | トップページ | 社会の状態には段階がある?(フィリピンの麻薬問題から) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/65694880

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル「戦後ゼロ年 東京ブラックホール」再放送!:

« 7年前の雑誌ですが…♪ | トップページ | 社会の状態には段階がある?(フィリピンの麻薬問題から) »