« 「食べ物」が小さくなっているようですが… | トップページ | ぎりぎりの攻防? »

実質値上げと交際費枠

 バレンタインには、いつもお世話になっている、ある場所に感謝チョコを届けてきました。heart

 

 ところで昨年の年末あたりから感じていたことですが、プレゼント用のお菓子類も実質値上げが起こっていて…。present


 一昨年と同じ値段でお菓子を用意してしまうと、サイズが小さくなってしまうのです。(前述のNHKのクローズアップ現代の番組では、実質値上げのことを、「食品のスモール・チェンジ」なんて言っていましたが…。)


*リンク先は、クローズアップ現代のサイトです。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4087/
 
 それで今年は、一昨年と同じ予算でチョコレートを買ったら量が少なくなっていて…。(!)

やむなくもうひとつ、小さな袋を買い足しました。

 

 その結果、昨年よりも家計の交際費が多くかかってしまっていました。

 

 日銀の黒田総裁が5年もかけて目指していた、物価上昇率2%というのは、実質値上げのことだったのでしょうか???sweat01

 

 実質値上げで考えれば、この値上げ率は2%どころの騒ぎじゃなさそうです。

 

 だって、昨年は1,080円で済んでいた交際費が、ほぼ等量で今年は1,450円ぐらいになっているし…。(これって、いったい何%???)

 

 黒田総裁は4月8日で任期満了となるはずだったのですが、続投です。

 

 ということは来年の2月頃にはもっと実質値上げが進行していて、私の家計の交際費枠はもっと大きくとっておかないと、感謝のチョコレートも贈れなくなってしまうしれません。

 

 来年は等量のチョコレートを想定して交際費枠をとっておくとしたら、1,800円ぐらいを見ておいた方がいいのでしょうか?

 

 あってほしくない話ですが、あり得ない話でもないかもしれません。

|

« 「食べ物」が小さくなっているようですが… | トップページ | ぎりぎりの攻防? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52049/66404776

この記事へのトラックバック一覧です: 実質値上げと交際費枠:

« 「食べ物」が小さくなっているようですが… | トップページ | ぎりぎりの攻防? »