未来の経済システムを考える

未来からの歴史

 ちょうど3年前の5月、私が「ミヒャエル・エンデが指摘していることは、たぶん正しいのだ…」という直感を受け取った時期のことですが、私の頭の中にあるイメージが浮かびました。そのイメージは正直に言うと、マンガでした…。

 未来のいつか、小さな可愛らしいネズミの子どもたちがマンガの中で、どこか学校のような場所で、歴史の授業を受けているのです。

 ネズミというのは、本当はレミングという、集団行動をするネズミをひっかけたもので、私の中では「経済について何も考えることなく、反応的に行動してしまう庶民」の象徴です。

 そのレミングの子どもたちが、未来の学校のような場所で、過去の時代の資本主義について、歴史の授業を受けています。先生が何かを話しているのですが、私には音声は聞こえませんでした。

 おそらく21世紀の終わり頃、地球では資本主義が完全に終わっていて、子どもたちはまったく新しい時代を生きているのです。先生はそういう生徒たちに、21世紀の途中まで実際にあった、資本主義という経済体制の説明をするのに苦労しています。この時代の子どもたちはもはや、格差も貧困も環境破壊も知らないからです。

 子どもたちはおそらく10歳ぐらいです。先生の話を聞きながら、過去のすさまじかった経済体制の話に、みんな目をまるくして聞いています。プロジェクターのような装置で、過去の時代の映像が次々と、でもあっさりと写し出されます。みんな信じられないような場面にショックを受け、思わず目をそらしてしまう子どももいます。

 「どうして子どもが、サッカーボールを縫っているの?」。

 「どうして子どもが、ぼろぼろの服を着て、裸足なの?」。

 「どうしてせっかく作った食べ物を、あんなに捨てちゃうの?」。

 「どうして誰も、地球が汚くなるのを止められなかったの?」。

 子どもたちの質問は、絶えません。

 先生がゆっくりと語ります。過去の時代にはお金というものが、まったく間違って考えられていて、そのために地球では経済というものが、うまくまわらなかったのだと説明します。

すぐに「経済って、何ですか?」という質問が起こりました。

 「経済というのは、人間がみんなで何かを作って、それもできるだけ無駄をしないように、らくに作れるように工夫をして、そうしてみんなで作ったものを、お金をとおして、みんなで上手に分け合っていくことですよ」と。

 またすぐに次の質問が飛びました。

 「お金って、これのことですか?」。

 質問をした子どもの手には、わずか2センチほどの小さなキー・ホルダーが握られていました。ほかの子どもたちも、自分のペンダントとかバッヂになっている、自分の電子マネーを見ています。

 この時代には、もはや「匿名貨幣」と呼ばれた貨幣や紙幣は存在せず、すべてが完全公開性の電子マネーでした。子どもたちは、お金をただのポイントだとしか思っていないのです。

 ポイントは、あまり使わないままでいると、失効してしまいます。この時代は子どもでも、世の中の役に立つことができれば、ポイントを稼げる時代でした。子どもたちはポイントが余れば惜しげもなく、ポイントを必要としている人達に分けてあげました。

 21世紀の前半に、地球の歴史が変わったのです。人間とお金の関係が逆転し、お金は人間に従う存在となりました。

その転換は、地球の過去の時代の中で、自然科学における地動説から天動説への転換と同じほど、大きな転換でした。それまで地球では、お金に人間が振り回されていて、たくさんの大人や子どもが苦しみ、たくさんの地球の資源を無駄にしていたのです。

資本主義は、人びとのお金の認識が修正された後、ゆるやかに終わりを告げました。

いつのまにか、子どもたちは本当の人間の子どもの姿になっていました。みんな、いろいろな色の肌、髪の色、瞳の色とさまざまでしたが、子どもたちは全員幸せそうでした。この時代、大人たちはたいがい心が優しく、子どもたちのことを考えてあげる余裕がたくさんありました。地球は緑と、爽やかな空気に満ちていて、とても美しい場所でした。

お金の認識が変わり、経済が自由になって、地球の歴史が変わったのです。

私が見てきたイメージの中では語られませんでしたが、この時代、もはや子どもたちは誰にも競争を強いられてなどいませんでした。誰もがオンリー・ワンで、誰もが本当に、自分なりの才能の「天才」でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)