働くこと♪

働きたくなるマンガ、「アルテ」が好きです♪

 最近「アルテ」というマンガを知りました。

 

 表紙の絵にひかれて手にとり、さっと内容に目をとおしてみたら、即、気に入って、ほとんどひと目ぼれの状態で読み始めました。shine

 

 舞台は16世紀の初頭のフィレンツェです。

 

 アルテは、あまり裕福ではない貴族の娘ですが、絵を描くことが好きだったので、画家になりたいと考え、職人の工房に弟子入りを申込みます。

 

 ところがどこに行っても、女だからという理由で、描いた絵さえも見てもらえません。(この当時、工房で働けるのは男性だけだったそうです。)

 

 門前払いの連続ですが、自分の道は自分で開くしかないと、勇気を出して最後の工房の門を叩きます。

 

 女だからという理由で、そのとっかかりさえもつかめないという、あまりにも大きな壁を前にして、でも、そこで負けないのがアルテです。

 

 怒りをエネルギーにして、はじめの壁を打ち破り、そこからは持ち前の明るさで、どんどん道を開いてゆきます。

 

 女の子らしいやわらかさと、男の子のような元気を兼ね備え、世の中に染まらない素直な心で、次々と出会う人を味方に変えていくアルテの姿は爽快です。shine

 

 また、このマンガは、現代にも通じる「働く」ということについて、いろいろな示唆を与えてくれるマンガでもあります。

 

 アルテが依頼主からの依頼を受けて絵を描く時、その絵はいったい誰のために描かれるべきなのか。

 

 絵を描くという行為の中でも、画家の中には様々な思いや状況があるわけですが、その中で画家が一番に考えるべきこととは、何なのか?

 

 アルテは、師であるレオとのやりとりで答えに気がつき、初仕事をやりとげます。art

 

 画家としてのアルテの働き方も素敵ですが、脇役で出て来る人たちの様々な働き方も、魅力的です。

 

 高級娼婦のヴェロニカさん。お針子のダーチャ。途中で出てくるパン焼き職人さんなど。

 

 中でも私が好きなのは、ヴェロニカさんの働き方です。shine

 

 高級娼婦という立場を、私がどの程度理解しているのかもよくわかりませんし、また、その立場を職業としてとらえていいのかもわかりませんが、作中のヴェロニカさんの働き方には、ある種の誇りさえ、感じます。

 

ヴェロニカさんは、自分が職業として人との関わりの中で提供するべき役割を、自分でしっかり、コントロールしています。shine

 
これは、この文章を書いている私自身が、むしろ(はじめの頃の)お針子のダーチャのように、仕事にふりまわされるようにして働いていることもあり、大変な尊敬を感じながら見てしまいます。

 

仕事を自分が動かすのか、それとも仕事に自分が振り回されるのか、これは現代にも通じる、働き方の大きなポイントではないでしょうか?shine

 
このマンガを読んでいると、私はどうしても「働く」ということについて考えたくなり、また「働きたく」なってしまいます。

 

作品の随所に、あまりにも魅力的な働く人の姿が出て来るので、私ももっと、より良い働き方をしたくなってしまうのです。shine

 

「アルテ」は現在、5巻まで読みましたが、5巻からは舞台がヴェネツィアに移って、アルテの新しい生活が始まります。

 

私としては5巻から登場した、強烈な魅力を放つ貴族のお嬢様、カタリーナが可愛くてたまりません。ribbon

 

まだ子どもながらも、どう見ても、絶対に時代には染まりそうもない、はっきりとした個性を感じさせるカタリーナ。thunder


 
この子も、どんな生き方をしていくのか?

 
将来がとても楽しみです。cherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王妃という職業に必要な資質とは?(「マリー・アントワネット展」を観て)

 六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されている、「マリー・アントワネット展」を観てきました。shine

 

 とても見ごたえのある展示でした。

 

 華やかな宮廷の雰囲気と、その中に咲き誇るかのような王妃の存在は、想像するだけも、心が軽やかに浮き立っていくような楽しさを感じさせました。

 

 その一方で、展示の中盤あたり、王妃の個人的な好みに迫っていくと今度は、マリー・アントワネットという女性が、息がつまるような宮廷のしきたりの中で、どれほど窮屈さを感じていたのかがわかってきます。

 

 本来は、無邪気でのびのびとした女性で、わがまま、勝気という面もあり、それらがゆるされる場所に置かれていればよかったのですが、「王妃」という立場ではそうはいきません。

 

 本人の目にうつるものは、まばゆいばかりに華やかなものばかりですが、彼女が自分らしく生きようとすればするほど、それは「フランス王妃」という立場から、浮き上がってしまうようだったと思われます。

 

 そうした傾向は、フランス王妃となったはじめのうちはまだ、単なるミス・マッチという程度のことでした。

 

 彼女の美しさや品の良さは、外見上からはフランス王妃という立場に、まったくふさわしく見えるのです。crown

 

 ところが、彼女の内面的な心や素質というものを考えると、フランス王妃という役目は、あまりにも彼女には大き過ぎた役目だったと思われます。

 

 王妃というのは、自分の事だけを考えていてはいけないのです。shine

 革命の気運が盛り上がって来ると、そんな彼女の性質は、大きく運命上のきしみとなって現れ始め、王妃という役割と本人の素質の不調和が強く現れてきます。

 

 彼女が自分の個性を持って行動することが、ことごとく運命からの逆風となって現れてくるのです。thunder

 首飾り事件、逃亡の試みなどは、もしも王妃でない一人の女性の行動であれば、まだ、たいしたことでもなかったはずのことですが、それが王妃という立場であるゆえに、大変な国民の反発を呼んでしまい、どんどん自分たちを断頭台へ追い詰めていってしまうのです。

 

 後半は、ただただ痛ましい、悲しい気持ちで観ていました。

 

 王妃という立場を職業と捉えることは、適切ではないかもしれません。

 

 でも、王妃という立場になる以上は、その時にはその役目を果たせるだけの資質が必要です。shine

 マリー・アントワネットという女性は、外見上は十分にその素質を持っているかのように見えていましたが、心や本人の能力という点では、大きく素質に欠けていたのだと思います。

 

 本人自体は、わざわざ悪いことを考えるというようなこともなく、少しばかりわがままな程度の、まったく普通の女性であったようです。heart

 

 それが、フランス王妃という立場になってしまったがために、大変な悲劇が展開されてしまいました。

 

 それにしても不思議なのは、マリー・アントワネットをフランスへと考えた、オーストリアの女帝、マリア・テレジアの判断です。

 

 マリア・テレジアという女性は、展示にも肖像画がありましたが、とても堅実な雰囲気の女性です。

 

 どう見ても子どもの頃からすでに、自由奔放な性格であったと思われるマリー・アントワネットという娘を、どうして将来のフランス王妃にと考えたのかと、そこには小さな驚きを感じてしまいます。

 

 歴史の分岐点とも言えるその判断は、マリー・アントワネットという女性が、たくさんの人から愛される素質を持っていた人物であろうということが察せられるだけに、悲しい判断であったかのように思われてきます。

 

 もっとも、もっと大きな目で見れば、もともとフランス革命という出来事は避けられないことだったとも言えそうです。

 

 結局、マリー・アントワネットという女性は、その生に真向かう時も、死に臨む時も、歴史の中での「華」としての役割を、堂々と演じる結果となってしまったのです。

 

*リンク先は「マリー・アントワネット展」のサイトです。

http://www.ntv.co.jp/marie/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天職を見つけるために、意外と大事なこと

 私自身が、まだ自分の天職に出会っている気がしないので、まったく偉そうなことは言えませんが、天職を見つけるためには、ある大切な能力が必要だということだけは、知っています。

 

 その能力とは、「自分の好きと嫌いが、よくわかっている」ということです。shine

 そして「好きと嫌いがよくわかっている」ということは、要するに「嫌なものは嫌!」と、はっきり自分で感じられる能力です。

 

 つまり、おかしな言い方ですが、「我慢強くない!」という能力(笑)。sun

 

 場合によっては「わがまま」と言われるかもしれませんが、それでも「そんなのは、嫌!」と、はっきり感じて拒める能力です。

 

 その反対に、「そういうの好き、やりたい!」ということに対しては、「でも…」とか言わずに、「やりたい、やるやる! 絶対にやる!」とか言って、飛び込んで行ける能力は、もちろん天職への道を作りやすいでしょう。

 

 「それをやらずにいるなんて、とてもではないけれど、我慢できないわ!」的な。

 

 要するに、どちらにしてもとにかく、我慢が得意でない性格ということです。(笑)

 だから、我慢強すぎる人というのは、天職に就きにくいだろうと思います。

 
どうしてこういうことを書いているかというと、私は以前「我慢強いことは良いことだ」という価値観を持って生きていたら、生きていることが苦しくて、本当に大変だったからです。

 

 今頃になって天職探しを始めたこの最近は、「あんな価値観は、もっと若いうちに、どぶに捨てちゃえばよかったわ!」と、本気で思ってます。

 

 人生で我慢ばかりして生きていると、だんだん、自分が何が好きで、何が好きでないかが、自分でよくわからなくなってしまいます。

 

 これは好き!、あれは嫌い! こういう会社は好き、ああいう会社は大嫌い!


 
こういう感性は、天職への道を開いてくれる大事な能力です。

 

 だから今は、わがままバンザイ!です。(笑)sun

 

♪(^0^)♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事のこと

 年齢を考えると今さらなのですが、今年の夏頃になってようやく、子どもの頃からの心の不調が治ってきました。

 

 トラウマ・ボンドという、もっとも私が恐れていた状態が起こらなくなり、その後、紆余曲折はありながらも、だんだん普通の人らしい心になってきたと思います。

 

 やれやれ…。これでもうだいじょうぶ♪

 

 と、ほっとしていたいところですが、そうはいきませんでした。

 

 ようやく「治った!、もうだいじょうぶ!」と気がついたものの、年齢はすでに50歳を超えています。

 

 それなのに、仕事が…。

 

 全然、仕事が落ち着きません。

 

 自分の履歴書を見ると、それはもう大変な有り様です。sweat01

 

 正直に言うと今までは、「仕事などとにかくもう、なんでもいい!」とでもいうような状態で、好きとか嫌いとか考える余裕もありませんでした。

 

 そのために、まるで沈みそうな筏(いかだ)を、ばしゃばしゃ渡り歩くようにして、とりあえずの仕事をつないできています。

 

 でも今はとりあえず一番恐れていた状態からは解放され、この先はまるで浜辺に佇む浦島太郎のような感じ?

 

 これから、長く働ける仕事に「たどりつかなくては」いけません。

 そのためには、少しでも自分の性質に合っている仕事を選択しなくてはいけません。

 

 そういうわけで、本当に今さらなのですが、「自分に合っている仕事って、果たして何なのだろう?」と、とても真剣に考えています。

 

 もちろんこんなこと、生まれてはじめてです…。

 

 かなりコワイ話ですが、本当の話です。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「価値観が違う」ということ

 過去に働いていた職場の話です。

 

 その職場では、私は何かと周囲の人と感覚が合わなくて、困りました。

 

 私が重要と思うことが、その職場の人にとっては、あまり重要なことではないらしく、私が一所懸命話しても、なかなかわかってもらえません。sweat01

 

そして、私にとっては「たいして重要でもない」と思うことが、その職場の人にとっては「とても重要なこと!」であるらしく、私にはこだわりの強さの感覚が、さっぱりわからないのでした。typhoon

 

 そういうことが、本当にたくさんありました。

 

 そうすると、私も周囲の人も困ります。

 

 大変忙しい職場だったのですが、その忙しいさ中に、そういった感覚の違いが出てしまいます。

 

 私としては、「こんなに忙しい職場なのに、どうしてそんなことに、それほど時間とエネルギーをかけなくてはいけないの?!」と、驚いて言葉も出なくなってしまいます。sweat02

 

 ところが周囲の人たちは、それはそれで、「この人はどうして、こんなに大切なことなのに、大変だと思って、もっとがんばってくれないのだろう?」と、なってしまいます。impact

 

 この感覚の違いは、いったい何なのだろう?と、ずいぶんしっくりしない思いでいたのですが、ある時、気がつきました。

 

 「価値観が違う」というのは、こういうことでしょう。

 

 「価値観が違う」というのはお互いに、大切に感じるものが違っているのです。shine

 

 だから、それぞれが自分の感覚を大切にしてしまうと、摩擦になる。sweat01

 

 よく夫婦や恋人同士が別れる理由などでも聞きますが、なるほど、これでは一緒にいることができません。

 

 お互いにあまりにも、一緒に行動することが不自然で、さらには健康に悪すぎます。

 

 どう考えても、速やかに離れてお互いに、大切に感じるものが一致する人間関係に身をおく方が、良さそうです。

 

 ただ人間同士の関係のことなので、あるテーマに関しては価値観が違うけれど、別のテーマにおいては一致、ということは、あるかも知れません。

 

 一時的に身を置く職場という程度であれば、なんとかなる場合もあるのでしょう。

 

 その反対に、夫婦とか家族という関係であれば、相当キツイでしょう。

 

 その職場は、後から思えば、「価値観が違う」という感覚を、まさしくこの身をもって、私に体験させてくれた、なかなか貴重な職場でした。

 

shine*^^*shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑顔が少ない職場…

派遣でいろいろな会社で働いていると、時々ですが「笑顔が少ない職場」というのも、経験します。sweat01

 

はじめて職場に入った時は、ちょっとびっくりします。

 

その驚きは、アニメのキャラクター風に言ってみると、「いってえ、なんでこの職場の連中は、こんなにもつまらねえ顔をして働いてるんだ?」という感じです。

ONE PIECEのルフィ流のつもり♪(^0^)

 

とくにその直前の職場が、とても和やかな職場だったりすると、その差は顕著です。

 

 あまりの雰囲気の違いに、「この職場にはもしかして、何かとんでもない秘密でもあるのかしら?」などと。

(今度はONE PIECEのニコ・ロビン風?)heart

 最初のうちは、ますますアニメの見すぎ的な発想になったりします。typhoon

 

 でもたいがいの場合そういう職場には、べつに特別な秘密があるというわけでも、なんでもありません。

 

 だいたい、その場所で一週間も働いてみると事情がわかります。

 

 気がつくと自分も、まったく笑顔が無い人に変わっているからです。sweat02

 

……。(!)

 

 「笑いたい気分じゃない!!!」。impact

 

 他の職場に比べて、そういう出来事が多いのです。

 

 時給はわるくないとしても、そういう職場は当然の結果、あんまり美容に良い職場ではありません。

 

 私としては、時給はほどほどでも、笑顔が多い職場の方が、断然好きです♪

 

 心に残る記憶や、日常の楽しさなど、測定できない価値が高いと思うのです。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場の楽しみ方

 つい最近まで働いていた職場を去る時には、「自分はもう2度と、この職場以上に好きになれる勤め先には出会えないだろう」と思いました。shine

 

 その気持ちに、まったく変わりはありません。

 

でもそれは、「これから出会っていく、新しい職場での楽しみは一切期待しない」という意味ではありません。

 

これから出会う職場が、自分にとって一番の職場ではないとしても、そこは毎日のことですから、それぞれの職場における楽しみがあるならば、その部分には心を開いていようということですsun

 

つまりこれから出会っていく職場でも、いつでも「楽しいこと、おもしろいこと、気分良く感じることには、WELCOME~!!!」というわけです。

 

shine\(^0^)/shine

 

 新しい仕事の引き継ぎは、たいがいハードです。

 

 いくらわりきっていたとしても、緊張と疲れでグレーな気分が続くと、美容にも良くないし、楽しくありません。cloud

 

 その状態がずっと続くかも知れないと思うと、だんだんやり切れない気持ちになってきます。mist

 

 笑えない気分が続いて、心の中が不機嫌です。typhoon

 

 「ああ、もう、こんなの耐えられない! ちょっとは何か、おもしろいことはないの?!」。thunderthunderthunder
 

 思わず心の中に「叫び」が上がってしまった、その翌日…。

 

 ありました♪ありました♪

 
私の心の叫びが天の神さまに、きちんと聞こえたようなタイミングで。shine

 

 会社で働いていると、なにかと「品物をもらえる」ということがよくあります。

 

 業種によってもいろいろありますが、とくに現在のようなお中元の季節の後はそうかも知れません。present

 

 「えっ、これ、好きなだけもらっていっていいんですか?!!!」。sign01

 

 「本当に、こんなに、こんなに(!)たくさん、いいんですか???」。sign03

 

 ハードすぎる引継ぎの偏頭痛も忘れて、思わずハイ・テンションになってしまいました。sun

 

 ♪(^0^)♪

 

 大きな荷物を抱えて帰りながら、「うん。たぶんこの仕事、やっていかれそう♪」って。(笑)shine

 

 職場の楽しみ方って、いろいろです。

 

 職場って案外、仕事だけではないのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高に自分に合っていた職場

 大好きだった職場での勤務が終わってしまいました。

 

 今はもう、新しい場所で働いています。

 

 あまりにも好きだった職場を去って思うのは、「自分はもう一生ここ以上に、心から好きだと思える職場には、出会えないだろう」ということです。

 

 「そんなに、言い切ってしまっていいのだろうか?」と、考えることもなくはないのですが、やっぱり「たぶん、ない」と思います。

 

 そして、「それでいい」とも思っている。

 

 おかしな気持ちです。

 

 まるで、心のどこかが満たされてしまったかのような。shine

 

 私はこれからもいくつかの職場で働いていくのかも知れませんが、そのどの職場にも、それほどの期待を持ち過ぎることはないでしょう。

 

 それらの職場は、私にとって安全にお金を稼がせてくれる職場であれば十分だからです。

 

 「自分の勤め先を好きになってみたかった」。shine

 

心の中に眠っていた、そのようなひそかな願いは、ここでもうすっかり叶ってしまったから。

 

 本当に好きだった…。shine

 

 「何が?」と聞かれても、答えにくいところもあるけれど。

 

 立地も業種も、自分が担当する仕事も好きだったけれど、それでもとりわけ大好きだったのは、職場の人たちの人の良さ、です。heart

 

 毎日職場に行くことが楽しかった。sun

 

 「満たされてしまうと、もう求めない」。

 

 そういう気持ちをはじめて知りました。

 少し大げさかもしれませんが…。

 あまりにも愛していた伴侶を失うと、その後はもう再婚をしようとも思わない。shine

 

 そういう人たちの気持ちも、なんとなくわかるという気さえしてきます。

 

 もうその人以上との素晴らしい関係は、この世に存在しないということがわかるから。

 

 どうして、そんなことがわかるのか、理由はわかりません。

 
だけどどうしてか、心はちゃんとわかっているのです。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大赤字!

 このところ私を、「ほとんど苦しめていた!」と言っても過言ではなかった私の副業ですが、ようやく終わって解放されました。sweat01

 

 そして悲しいことに、その収支の結果は「大赤字!」でした。sweat02

 

 業務を終了した時点では、実質時間給は本当に「スズメの涙」と言った程度でしたが、まだ黒字…、でした。

 

 ところが業務を終了した翌日から、あまりに激し過ぎたストレスのために体調を崩してしまい、そこから医療費と薬代と、そのほかに雑貨を買うための出費が起こってしまいました。hospital

 

 この時点でもはや立派な赤字となってしまい、このブロジェクトに関しては利益ではなく、「損失」を出してしまいました。libra

 

 しかも損失はそれだけにはとどまらず…。

 

 体調不良のために、なんと本業の事務員を2日も欠勤することになり、それがなんと「絶対に出勤しておきたい!」という日だったので、本当にカナシイ結果になりました。sweat02

 

 「絶対に出勤しておきたい!」というのは、その日に出勤しておくと、会社で「良いこと♪」がある日だったからです。

 

 ちなみに「良いこと♪」というのは、子どもで言えば、「その日に学校に行けば、給食にすごくおいしいケーキが出る♪cake」とか、あるいは「今日は、ずっとてるてる坊主を作って楽しみにしていた、年に一度の遠足♪riceball」というような。

 

とてもとても!楽しみにしていたcarouselpony」、というような出来事です。

 

 ……。

 

 「行かれなかった…」。

 

 「こんなはずではなかったのに、私って、本当に運が悪い…」。

 

 赤字、黒字は、もはやどうでもいいとして、こういう気持ちは、最悪です。sweat01

 

 すっかり沈んだ気分で、夕方の室内で落胆していたら、玄関のチャイムがなって、お届け物がありました。

 

 ご近所さんが、大きな桃を2つも持ってきてくれたのです。

 

 普段の私では買わないような、大きな立派な桃でした。

 

 冷やして食べたら、おいしそうです。

 

 ちょっとだけ、気分が晴れました。


(;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロジェクト管理?

 企業では、プロジェクトごとに収支を管理するというのは、(おそらく)普通のことです。

shine(^0^)shine

 

 そこで私も現在取りかかっている、実質時間給がどんどん下がりつつある「副業その2」(←プロジェクト番号?について、この仕事だけの収支と、実質時間給(←ひとつ前の記事をご参照ください。)を計算してみることにしました。

 

 収支については、この仕事の全体で得られる収入は7,600円です。

 

 ただし、すでにもう必要経費がいろいろかかってしまいました。本日現在、その合計は4,800円です。

 

 ということは、この仕事によって得られる利益は2,800円です。

 

 そして、今日もまた準備とともにclock、ますます下がりつつある実質時間給ですが…。downwardright

 

本日現在の実質時間給は、1時間あたり約160円です。sign01

 

 いちおうまだ、赤字ではありません。sweat01

 

 でも、かなりカナシイ気分かもしれません…。sweat02

 (;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)