法律について考える

正義は資本に勝てるのか?(枯葉剤裁判の行方を思う)

 ふと気がついたことですが、「資本主義社会では、正義は資本にかなわないのだ」と思いました。

 

 どういうことかと言いますと…。

 

 以前にこのブログでにとりあげましたが、ヴェトナムの枯葉剤を生産した企業

 

 それらの企業は、枯葉剤によって引き起こされた結果を考えれば、どう見ても人道的に問題があったと言わざるをえません。

 

 個人がこのような行動をとれば、どう考えても罪に問われます。

 

それならば企業だって、人道的な罪という点から処罰が合っても当然です。thunder

 
でも、どうしてか、企業は罪には問われません。

 

 枯葉剤を生産した企業は、今でも存続しています。typhoon

 

 そしてまた、別の話にはなりますが、クラスター爆弾を作っている企業というのも、存在しています。

 

 おまけに「ただ存在している」というだけでなく、こちらは投資の対象にもなっていて、株主に利益ももたらしているのです。dollar

 

*リンク先、右クリックでご参照下さい。 

http://jp.ibtimes.com/articles/408950

 資本主義社会では、経営を理由に人道的な問題を引き起こす企業でも、なかなか社会から処罰を受けないのです。

 
それどころか、人道的な罪を犯している企業でさえ、投資の対象として、投資家から歓迎されてしまいます。bell

 
身近なところでは、大地を広範囲にわたって放射能で汚染した企業などは、社会から処罰を受けても当然です。

 

 ところが、処罰はありません。

 

 処罰どころか、わざわざ税金で、国民に助けられている始末です。

 
税金を使うと言えば、大きく破たんする金融機関などもそうでしょう。

 

 世の中に迷惑をかけた企業であれば、処罰を受けるべき。

 

 企業が世の中に迷惑をかける時は、当然、個人の過失の場合よりも、規模が大きくなります。

 

 それなのに処罰という点では、企業の過失は、個人の過失と比べてあまりにも軽くすまされ、さらには国によって救済さえされてしまうのです。

 

 いったいどうして、そうなってしまうのだろうか?と思いますが…。

 

 でも、よく考えてみると、その理由というのは結局、企業の処罰を決めるべき人たちが、同時に、どこかの企業の株主でもあり得るから、という可能性は考えられないでしょうか?shadow

 
もしも、企業の処罰を決めるべき人たちが、結局「個人的には、株主でもあり得る」としたら、自分が株を持っている企業の処罰など、まずあり得ません。

 

 株主であれば、処罰を考えるどころか、なんとかしてその企業の経営を続けさせ、自分のところに来る配当が減らないように、あるいは、株価は高いままでと行動するのが当然でしょう。

 

 政治家であろうが、なかろうが、投資家という立場になれば、武器を生産している企業も、世の中の人々を幸せにする製品を生産する企業も、それほど区別はありません。

 

 投資の世界では、配当金や株を売った時に出る利益は、どの企業からのものであっても、結局ただの利益であって、そこには区別がないからです。dollar

 

 株式会社という仕組みがあるために、資本主義社会では、社会や人間に悪影響を与える企業までもが、社会からの処罰を免れやすくなるということは、あり得ないこととは言えないと思います。

 
でも、やはり、個人の行動では悪いとされる行動が、企業においては容認されるというのは、受け入れ難い話です。

 

 資本主義社会では、正義は資本の意向に勝てないのでしょうか?

 

 ちなみに枯葉剤に関しては、フランスで被害者の訴えによる裁判が始まるそうです。

 

 「資本 対 人権」の裁判として、行方がとても気になります。libra

 

 先の理由から、資本主義社会では、正義は資本の意向に「勝ちにくい」と私は考えます。

 

 でも、そこを踏まえても、原告側の弁護士さんには、ぜひともがんばってほしい!と思います。

 
現代の資本主義社会では、資本の増殖を完全に否定できる理論は、まだ育っていません。

 

 裁判の行方は世論にかかっているそうです。

 

 たしかに世論には、企業に制裁を加える力があるかも知れません。flair

 
行方を見守りたいと思います。

 

*リンク先は、枯葉剤裁判の記事です。

http://synodos.jp/international/13841

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法律なんか、道具でしかない

チョコレートドーナツ」という映画を観てきました。shine

 

http://bitters.co.jp/choco/index.html

 

 ゲイのカップルとダウン症の少年が、家族となって暮らすお話です。

(この先ネタバレしています。ご注意ください。)

 

 ショーダンサーのルディと弁護士のポールは、出会ったばかりのゲイのカップルです。

 

 出会ってすぐにルディは、母親が麻薬中毒でいなくなってしまったダウン症の少年、マルコと知りあいます。

 

 マルコの母親は、薬物所持で逮捕されてしまったのでした。

 

 ルディとポールはふたりの関係を「いとこ(従兄弟)」と偽り、マルコの母親から服役中の暫定的監護権を得て、正式にマルコと暮らし始めます。

 

 三人での生活は穏やかな優しさに満ちていて、とても楽しいものでした。shine

 

 ところがふたりがゲイのカップルであることが周囲に知られてしまい、関係を偽ったことが原因で、マルコは家庭局に連れていかれてしまいます。

 

 マルコと再び一緒に暮らすため、ふたりは裁判に挑むのですが、ゲイへの偏見に満ちている周囲の見方は厳しいものでした。

 

 それでも粘り強く、裁判を乗り切っていこうとするふたり。

 

 ところがゲイに強い偏見を持っている検察官の司法取引により、マルコの母親が刑期を短くされて出所して、マルコの永久監護権を申請します。

 

 実母の申請を前にして、ふたりにはもう法的な勝ち目はありませんでした。

 

マルコは母親のもとに送られます。

 本当は、ふたりと一緒に居たいのですが…。

 

 マルコを本当に愛しているのは誰なのか?

 

 ルディとポールにとっては、マルコにめがねを買ってあげることも、マルコを学校におくってあげることも、マルコが上手に歌えるようになることも、そして毎晩マルコに眠る前のお話をしてあげることも…。

 
マルコと一緒にいる何もかもが、楽しい時間でした。shine

 
ゲイのカップルであってもふたりはもちろん、子どもであるマルコに性的な悪影響を与えるようなこと(性行為など)は決して見せないし、マルコには温かく家庭的な住環境を整えて、マルコの心を大切にしながら育てていたのです。

 

 興味深いことに愛情を仕事にしている人たちは、マルコの両親であるふたりがゲイのカップルであることを、それほど問題であるとは考えませんでした。

 

 学校の先生や家庭局の職員はマルコに会えば、わかったのです。

 

マルコが落ち着いて、幸福そうであるということは、ふたりがとても良い両親なのだということが。shine

 ふたりがゲイであることにこだわったのは、マルコに会うこともなく裁判に関わった人たちでした。

 

 なかでもゲイへの激しい偏見を持っている検事は、マルコの幸福など視野に入っていないかのように、執拗に裁判の論点をゲイへの攻撃に誘導します。

 

 ルディの歌を聞かせるために、マルコをルディの職場である営業時間外のゲイバーに連れていったこと。

 

ハロウィンの時に3人で仮装をした時に、たまたまルディが女装をしていたこと。

 

 3人の中ではまったく自然にそうなったことにさえ、それらをいちいちマルコへの有害な行為として、巧みに法廷で言葉を引き出します。

 

 母親が永久監護権の申請をしたことで、法律ははっきりと母親に勝利を与えました。検事もまた、勝利を得たと言えるでしょう。

 

 ところがこの判断は後になってから、マルコに大変悲しい結末をもたらします。

 

 マルコを引き取った母親は、家に連れ込んだ男と性行為をするために、部屋の片隅にほったらかしにしていたマルコを、部屋から廊下に出させます。

 

 ひとり廊下に出されたマルコには、ルディもポールもいませんでした。

 

マルコはそのまま、夜の町に歩き出していってしまいます。

 

偏見に満ちていた正義感は、ひとつの幸せをうち砕き、ひとつの生命をもまた壊してしまうのです。

 
この映画の見どころはもちろん「愛」ですが、私は法廷のシーンも印象に残りました。

 

 「法律は、それ自体ではただの道具にしか過ぎない」と思います。

 

 刃物が料理に使われ、同時に人を傷つけるための道具にもなり得るように、法律も単なる道具に過ぎません。

 

 善い人が使えば誰かが守られ、悪意のある人が使えば誰かが傷つけられてしまうのです。

 
この映画は、
結末は悲しい映画ですが、不思議と心に残るのは温かな印象です。shine

 

ルディを演じたアラン・カミングが最後に歌う「I Shall Be Released」が心に響きます。shine

 

 ほかにも「Come To Me」など、素敵な音楽がたくさんありました。shine

 

http://www.youtube.com/watch?v=aJM3prwlQKE

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)