私の経済観

金融経済(地球の現状)

 ひとつ前の記事では、私が考えている、金融経済の本来あるべき姿について、書きました。

 

 ところが地球の金融経済は、私が考えている金融経済とは、かなり様子が違っています。

 

 ひとつ前の記事で書いたように私は、金融経済の目的は「社会の中の、財やサービスの交換を支えること」だと、考えています。

 

 ところが地球の金融経済は、そのような目的で、お金を融通しているとは限りません。

 

 地球の金融経済では、お金を融通してあげる存在は、その存在自体の利益のために、お金の融通を行います。

 

 そうなると、社会の財やサービスの交換は、十分な金融経済の支えを受けられずに、存分な交換ができていない状態になります。

 

 お金を融通してあげる存在が、その存在自体の利益のために、お金の融通を行う理由は、地球ではお金を融通してあげる存在そのものが、「株式会社」という形態であるためです。

 

 株式会社では、企業は、株主の利益のための経営が望まれます。

 

 企業は、社会のための経営を優先することは、できません。

 

 そのため、地球の金融経済の状態は、あまりうまく機能していない状態にあると、私の目にはうつっています。

 

 お金を融通してあげる存在は、必ずしも実体経済に対してお金を融通するというわけでなく、実体経済でもマネー経済でも気にせずに、「自らが儲かりそうなところ」に向かって、お金を融通するからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金融経済(あるべき姿)

 金融経済というのは、その言葉のとおりに、お金を融通してあげる経済です。shine

 

 この金融経済については、ふたつの記事に分けて書きます。

 

 ひとつは「金融経済というのは、本来こういうことではないか?」と、私が考える金融経済の状態です。

 

 そしてもうひとつは、私のその考えに対して、地球の経済が、実際にはどうなっているのか?という、私の目に見えている地球の金融経済の様子です。

 

 はじめに、私が「こうあるべき」と考えている金融経済です。

 

 金融経済というのは、実体経済やマネー経済とは、質が違う経済であると、考えています。shine

 

 実体経済とマネー経済は、経済主体同士のお金のやりとりの話でした。

 

 お金が移動する時に、新しく生産された財やサービスの移動を伴うのが実体経済、実体のある財やサービスの新しい生産とまったく連動せずに、お金だけが動くのが、マネー経済です

 

 それに対して金融経済は、経済主体同士のお金のやりとりというよりも、むしろ社会のある部分に対して、働きかける経済です。shine

 

 社会の中で、ある部分に財やサービスの不足があり、その一方で、別の部分では財やサービスの余りがあるという場合を想定します。

 

この時に、不足が起こっている側では、お金がないことが原因で、財やサービスが得られないという状態であるならば、この時、社会のこの部分にお金を融通してあげる存在があれば、社会の中の財やサービスの不足と、余りが結びつき、両者の過剰と不足が解決されます。

 

 具体的に言うと、財やサービスを求めている人に、お金を貸してあげる存在があれば、社会の中の不足と余りは同時に解消されるということです。

 

 このように金融経済というものは、本来は社会の外側から、社会に働きかけていくものなのではないか?と、私は考えています。

 

 金融経済によって、実体経済では、新しく生産される財やサービスの、交換の可能性が広がり、同時に生産と消費の規模が、拡大する可能性が大きくなります。

 

 金融経済の本来の目的は、社会の中の財やサービスの交換を支えることです。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マネー経済

私の目にうつる「マネー経済」は、大変、不思議な経済です。

 

 「マネー経済」では、実物経済の世界で行われているような、「実体のある財やサービスの生産」がありません。

 

 生産がないので、生産された財やサービスの交換もありません。

 

 そして、もともと生産がなされていないので、財やサービスの消費もないのです。

 

 それなのに、一切の新しい生産が起こらない世界の中で、お金だけが人から人へとどんどん移動します。shine

 

 実体のある財やサービスは、何も作らない。

 

作らないから、雇用も必要ない。

 

作らないのだから、交換もしないし、消費もない。

 

 それなのにお金だけが、あちらこちらで「儲かった!」、「損をした!」という声とともに、人から人へと移動します。bell

 

 マネー経済で移動するお金は、実体のある財やサービスの移動と、まったく連動がありません。

 

 そういう不思議な経済は、私の目にはまるで、「経済の空回り」として見えています。

 

 実体のある世界に何も、新しい生産がないからです。

 

 お金が移動する理由は、地球の人たちの間で、いろいろ取り決めがあるようです。

 

 金利。dollar

 株式会社からもらえる配当金。dollar

 それから株でもプラチナでも何でも、何か、値段が上がったり下がったりするものを売ったり買ったりすることによって、差額を儲ける投機など。dollar

 

 それらの行為の中では、財やサービスの生産がなくても、お金の移動があっておかしくないと、地球では、そのように考えられているのでしょう。

 

 地球では、「マネー経済」も、経済活動の一部とされているようです。

 

 でも、一部とは言ってもその金額は大変大きくて、現在の地球ではひとつの国家が危機にさらされてしまうほど、規模が拡大しているそうです。

 

 マネー経済は、新しい価値を何も生産しないので、マネー経済がどれほど活発に、大きく動いても、実体のある財やサービスの世界は豊かになりません。

  それなのに地球では、実物経済の世界で動くお金よりも、マネー経済の世界で動くお金の方が多いのです。

 

 やはり、地球の「マネー経済」は、大変、不思議な経済です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実物経済

 私の目に見えている「実物経済shine」というのは、次のようなものです。

 

 これが地球の経済学でいう「実体経済」や「実物経済」と同じかどうか、経済学初学者の私には、よくわかりません。

 

 というのは、通常経済について語られる時の「実体経済」や「実物経済」という言葉は、とてもむずかしい話であるかのように使われているからです。

 

私の目に見えているような、単純な話であるとは思えません。

 

 私の目に見えている「実物経済」は、かなりシンプルです。

 

 実物経済というのは、財やサービスを交換し合っている経済です。shine

 
実物経済においては、必ず財やサービスの生産が存在します。shine

 そして財やサービスの生産が起こったということは、人間による労働の投入があったということです。shine

 

 実物経済の要素は、財やサービスが生産されること、人間同士の交換がされること、それと交換後の財やサービスが、消費されることです。

 

 たいがいの場合、人間は交換の時にはお金を使い、自分が生産した財やサービスを交換する時は、いったんお金に交換し、それからそのお金を、自分が必要とする財やサービスと交換する、ということをしています。

 

 そのために実物経済が栄えている時は、財やサービスの生産、交換、消費が盛んになり、世の中の「現実」が活発に動きます。shine

 

 雇用は増え、交換時に使われるお金は人から人へとよく渡り、同時に財やサービスの交換が活発な状態となって、財やサービスの生産量と質は向上します。shine

 

 「交換」なのでこの時の、財やサービスの動きとお金の動きの関係は、それぞれ反対方向に動きます。

 

 このように、財やサービスの生産、交換、消費が行われている状態が、実物経済です。

 

 そしてつまり、「財やサービスの生産が、必ず存在する」のが実物経済です。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「実物経済」 ・ 「マネー経済」 ・ 「金融経済」

 私の目には今のところ、地球の経済には「実物経済」と「マネー経済」と「金融経済」の、3種類の経済があるように見えています。

 

 「マネー経済」と「金融経済」は、地球ではよくいっしょくたに扱われているようですが、私の目にはまったく違った経済の状態として、見えています。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「私の経済観」というカテゴリー

 新しく「私の経済観」というカテゴリーを作りました。shine

 

 「なりすまし地球人」である私には、地球の経済というものが、地球の人たちのようには見えていないようです。

 

 ですので、このカテゴリーでは、なりすまし地球人である私の目には、地球の経済活動というものが、いったいどういう風に見えているのかを書こうと思います。

 

 ということは…。

 

もしも、私がこのカテゴリーに書く記事をお読みいただいて、「ああ、自分も前からそう思っていたよ! やっぱり、そうだよね?! あ~、良かった!」などとおっしゃる方がいらしたら…。

 

もしかしたらその人も、自分で自覚はなかったかも知れませんが、実は私と同じような「なりすまし地球人」であるのかも知れません。sign01

 

つまり地球においては、「なりすましの仲間?」ということですネ♪

 

shine\(*^^*)/shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)